2015/07/07
『iroha夜の女学院vol.2ジャパンSMの金字塔』

日活ロマンポルノを上映し、
しかもirohaが先着でもらえる、女限定のイベントへ。
『iroha夜の女学院vol.2ジャパンSMの金字塔』

湯山玲子さんが詳しく時代背景から作品のテーゼまで
解説&トークしてくれる。2回目だと知らなかった!
以前ちょっとだけお会いしたことがあるので、
図々しくご挨拶。

女限定のイベントはものすごい気持ちがいい。
2次会に行ってもみーんなシモネタ爆裂。
何をおかずにヌクか、セクシュアルファンタジーを語りあったり、
日活ロマンポルノの性暴力をどうとらえるかを話したり。

バイブコレクターの桃子ちゃんと行ったんだけど、
異様に楽しすぎて、おばちゃん、興奮しちゃったわあ。

湯山さんのお友達の女優さんともご挨拶できて、
すごーく光栄。私、彼女のお芝居、結構観に行っていたのに
その話を全然できなくて、シモネタばかりで。超反省。

いつもお世話になっているiroha&TENGAの皆様にも感謝。
次回作が超絶すごいらしいので、今から楽しみにしている。

で、日活ロマンポルノ。
団鬼六先生の「夕顔夫人」。
谷ナオミの妖艶さもすごくよかったのだが、
個人的に感情移入したのは、調教師の妻(?)役の女。

フェラチオしながら、
マンコに筆を挿入して、腰を浮かせて動かして「女 女 女」
と書く。すんごい達筆で。
笑えるシーンだけれど、その文字を書く女の心根と心意気。

でも谷ナオミに浣腸した後で、ナオミのおなかを
優しく声かけしながら、ぐりぐりともみほぐす姿は
まるで産婆。母性ですがな。

さらに、
美人姉妹を折檻したり媚薬飲ませて狂わせてる横で、
どんぶり飯をもっしゃもしゃかっこむんだよ。
これぞ「生きる」ってことだよね。

湯山さんがいっていた「ズベ公の行きつく先」が言い得て妙で。
でもそこに親近感がわく。わきまくる。
私はあの立ち位置を目指したい。

Posted by 吉田潮 on 2015/07/07 at 12:11:15




«Prev || 1 || Next»