2015/07/05
箱根ゲス旅

驚くほど隠し事が一切ない、つうかタブーがまったくない
友達4人と箱根へ。

本来の目的はパワースポット訪問なのだけれど、
会話の内容が9割シモネタ、
残り1割が顰蹙系殺人犯やクソファミリーなので、
超ゲス旅である。
「アタシたちが東京を離れることで東京が浄化されるに違いない」
とNちゃんが言ったとおり。

あまりにゲスいトークの連打なので、
皆を刑事名で喩えて称えることにした。

MAちゃんはやたらにビールロング缶とチーカマと
そして、ゆで卵を買い食いするので
エッグ刑事。

MIちゃんはすべてお金にチキチキ換算する
素晴らしきヤリマンなので
マネー刑事。

Nちゃんはとにかくおしゃべり、2時間ドラマでやたらに人間関係に詳しい
小姑or仲居風トークでいびるのがうますぎるから
おしゃべり刑事。

Aちゃんは床オナをするという奇特な性癖があるので、
ユカ刑事。

私は小陰唇がデカイので、
ビラ刑事(デカ)。

ま、つまりは小陰唇の話とかオナニーの話とか
手コキの話とか、素晴らしくゲスい旅。
もう、行きのロマンスカーですっかり出来上がる。

箱根湯本まで行って、あじさいが咲き乱れる登山鉄道にて
強羅まで。雨は降っているけれど、空気が冷えてキレイ。
タクシーで自然薯料理で有名なお店へ。

途中の仙石原のすすき野は超美しい。
毛足の長い緑のじゅうたんをしきつめた感じで、
それが風にそよぎ、小さく波立っている。
マネー刑事はこの美しき風景をみて
「地元の人のアオカンスポットなのかな」と。
なんて汚れた感想なのか…

自然薯の蒲焼
自然薯&麦飯。うまい〜。
1戸建ての人のおうちにお邪魔するような感覚の
隠れ料亭。

本当はその後でパワスポめぐりのはずだったが、
暴風雨に近い天気なので、あきらめて宿へ。
近くのマーケットで有名なローストビーフとチャーシューと酒を買い込む。

茶色い宴会ドドメ色の宴会
もうね、グリーンスムージーだの野菜サラダだの糞喰らえ、
おらたち茶色いたんぱく質が喰いてーんだよ、的な欲望丸出し。
この肉屋のローストビーフとチャーシューが絶品。

あ、そうそう宿にはカラオケもあって、激安。
おしゃべり刑事の「松本隆メドレー」に痺れた。いい時代だったわー。
ユカ刑事の「研ナオコ→高橋真梨子→アン・ルイスのやさぐれ歌謡曲」、
エッグ刑事の「CHARA→荒井由実→Wink」もぐっとくるし、
マネー刑事の「年代別ジジイの落とし方ソング」も女ならば知っておくべきラインナップか。

楽しすぎてそのまま寝こけちゃったので
朝起きて風呂。
みんなに私のビラを確認してもらい、
2時間ドラマごっこをして宿を出る。

とりあえず強羅で朝ご飯。
すっぽこ系喫茶店でそぼろ飯をかっこむ。
湯葉とそぼろのどんぶり
ちょっと料理上手な奥さんのいるおうちで出されるような感じ。

強羅駅前のお店のアイドル。
触らせてくれるが媚びない
アイドルっていうか、枕アイドルか。
ものすごく触らせてくれるけど、愛想はそんなにない。
そして近隣の店の入口で決して中に入らない謙虚さ。

強羅駅前にて謎のゆるきゃら「ごうらん」がいたので、
刑事5人で記念撮影したのだが、
話の内容があまりにゲスイので掲載は自粛しておこう。

一行はバスで元箱根→九頭龍神社へ。
霧の中を歩くエッグ刑事とビラ刑事。
霧ってデトックス効果がある気がする

芦ノ湖にたたずむ鳥居

龍がゲロる手水

人がほとんどいなくて静寂を堪能

前々から噂に聞いていたけれど、九頭龍神社はパワスポとして
よいらしく。商売繁盛の御礼をする場所なのだとか。
仕事をたくさんくれてありがとう。

さらにタクシーで箱根神社へ。
木だけでも神々しい
えらく高くそびえたつ木々に囲まれた箱根神社は
その昔から崇め奉られてきたんだろうなあと思わせる荘厳さがある。
9匹の龍がゲロる水は霊験あらたかと噂

箱根、人生で何度も訪れているはずなのに案外知らなかった。
今、噴出が報道されているけれど、
行けない地域は限られているし、湯本、強羅、元箱根あたりは
なんも変わらず、観光地として十分楽しめる。
人がいないから今、行き時かもしれないお得スポットでもある。

さて、何か体験物をと思って鈴廣のかまぼこ・ちくわ作りへ
いこうと思ったのだが、当日は満席で体験できず。
本当は卑猥なちくわを作って、係りの人を困らせようと思ってたのだが。

仕方ないから全員練り物爆買い。
焼きたてちくわやら練り物を肴に地ビールをごきゅごきゅ。
鈴廣、すごいなー。練り物だけじゃなくておはぎやら和菓子まである。
一大ショッピングモールと化していて、すごく楽しい。
顔くらいハメとこうと

帰りのロマンスカーは
エッグ刑事マネー刑事とこうばしい「嫁」談義。
楽しかった、心も身体も小陰唇もビラーンと開いてデトックス。




Posted by 吉田潮 on 2015/07/05 at 09:46:23




«Prev || 1 || Next»