2015/07/12
1972年に思いを寄せる

ヨーダだよー
友人Sから数か月後倒しの誕生日プレゼントをもらう。
四角い黒いヤツは炭をハニカム構造にした空気清浄装置。
はにかむんじゃなくて、ハニカム。ハチノス状態である。
丸いヤツは足専用スクラブ石鹸。
これでガシガシ洗って、
スターウォーズタオルで汗をごしごし拭く。
夏最適なプレゼントに感謝。
1972年から43回目を祝ってもらう。

某日。
東村アキコ「東京タラレバ娘」でいうところの
第2出動@赤坂でタッカンマリ。
次は第4出動にしようと。

家から赤坂まで徒歩40分以内で行けた。
今月末の屋久島宮之浦岳トレーニングのために、
久々出動のトレッキングシューズ。
足首が固定されていることの安定感。
往復歩いたが、足はまったく疲れず。

某日。
1972年、私の生まれた年の出来事。
あさま山荘事件を描いた映画「突入せよ!あさま山荘事件」を再び観る。
夫が役者だった頃の姿を見る最後の作品。
第9機動隊で篠原涼子をおんぶして救出するのが夫。
でも、本編にはほとんど映らず。

あらためていい映画だ。
国家権力というか組織の愚鈍さを如実に描いた秀作。
伊武雅刀がいちいちちっさくて、笑えるんだよ。
今をときめく手練れ役者陣がボロボロと登場していて、
ワクワクする。

私は1972年3月末に生まれる予定だったが、
あさま山荘事件が起こったおかげで、4月生まれになった。
当時、連合赤軍のアジトが地元船橋にある、というネタがあって、
新聞記者だった父はおおわらわ。
そのときに臨月だった母は
メシ作ったり茶出したりと忙しくなって、
病院にいるどころではなかったという。
そのせいで私は4月生まれになった、と後から聞かされた。
因縁。

最近、NHKスペシャルとかでも
「世間を揺るがした大事件の裏側」として
当時の警察の失態をポロリし始めている。
このポロリが重要。
ポロリの中身はたいていが「俺が!俺が!」という自己顕示欲と
「上がYESと言わないと動けない」ジレンマ。

この手の作品、他にあったら教えてください。






Posted by 吉田潮 on 2015/07/12 at 12:25:49




«Prev || 1 || Next»