2014/05/29
ハメシュとタヌキ油とハクビシン

坂東眞砂子さんの最後の本が出た。
時間がなくてまだ読んでいないのだけれど、
これは未完ではなく、眞砂子さんも
最後までゲラチェックをした作品だそう。
もともと婦人公論で連載していたのだけれど、
まとまってから読む楽しみのために、
単行本になるまで待っていた。
うりこひめのつやぶみ 

それで再び思い出す。
高知県のいいところを私に
たくさん教えてくれたのが眞砂子さんだった。

開放的で豪快でかっこつけない。
おかしいことはおかしいと口に出して言う。
酒とたばことセックスに寛容(私のイメージね)
魚偏差値と酒偏差値が高い。
日本から独立できるかもしれない豊富な資源。
でも実は「超保守的」という裏返し
(私のイメージね。眞砂子さん作品「くちぬい」参照)。

そんな高知県のエグみをリポートした記事が載っていた。
東京出身の若手記者がたじたじするさまが面白い。

「ハフィントンポスト」社会欄
「ハメシュってなに? 限界集落支える3種のジビエ」
http://www.huffingtonpost.jp/jcej/hameshu_b_5401745.html?utm_hp_ref=japan-society

ハメシュってなんじゃらほい?と思った人は
ちょっと読んでみてほしい。
ちょっぴり淫靡な響きなんだけど。

ジビエで思い出すのはウサギ。
眞砂子さんが飼っていた猫が野ウサギをしとめてきたことがある。
自分の体よりも巨大な野ウサギをきっちりハント。
猫を褒めてやると同時に、
せっかくいただいた命を美味しくいただくのが礼儀、
と眞砂子さんは赤ワイン煮を作ってくれた。
毛をむしるなどの作業を私自身は観ていないのだが、
出来上がったウサギの赤ワイン煮はとってもおいしかった。
新鮮なせいか、ジビエ特有のケモノ臭もそんなになかったと記憶。

そういえばハメもよく出ると言っていた。
タバコの吸い殻を撒いておくと、ハメよけになるらしい。
さて、ハメってなんでしょう?

Posted by 吉田潮 on 2014/05/29 at 12:35:18




«Prev || 1 || Next»