2014/10/27
京都小旅行

夫の高校の友人たちと団体で旅行@京都。

安井金毘羅宮ちょっとカワイイ♪
くぐる夫。複雑な気持ちで見守る
安井金毘羅宮。
悪縁を断ち切り、良縁を呼ぶ、ということで、
おそろしげなお札が貼り付けられた塊の
穴をくぐるといいらしい。

1回くぐって悪縁を断ち切り、
再度くぐって良縁を招くんだそうだ。

穴が小さくてどきどきした。
私は体がデカイので、すっぽりハマって抜けなかったらどうしよう、
と、くまのプーさん的な心配が頭をよぎる。

くまのプーさん「Winnie the Pooh」の絵本を
子供のころから愛読していた私としては、
蜂蜜を目当てにウサギんちの入り口にハマって
出られなくなったプーさんを思い出したワケで。

逆に、夫がくぐるときに
「え、もしかして、アタシが悪縁ですか?」と心の中がざわつく。
ちゃんと戻ってきたけど、彼の心の中ではどう願ったのかわからない。

いや、それよりも絵馬がかけてあるところがスゴイ。
絵馬の内容がとにかくエグイ。
名指しでその人間を呪った文言が強烈に小さい文字でびっしり。
怖い。人間がいちばん怖い。その悪意が怖い。

先付ギンダラ♪
錦市場をぶらぶら。お茶のニオイに誘われ、
乾物屋では目を奪われ、豆類に心躍り、
市場に行くと動体視力が俄然よくなる。
お昼ご飯は友人が予約してくれた「一の傳」へ。
最強焼きがうまいの。あ、変換がうまくいかねえ、西京焼きだ。
炊きたての土鍋ご飯にギンダラ。うますぎ。

あとは宿で酔っ払うだけ。
酔ってると写真はかなーりいいかげんになるものだ。
だしまき卵とか漬け物とか生麩田楽とか
丹波栗とかいちじくとか万願寺唐辛子のケーキ
ゆずの酒 MADEIN京都だがスペルの強引さが気になる

1泊2日で団体旅行だといろいろと限られるのだけれど、
京都ツウの友人のおかげで、非常に効率よく、快適に、
食べ物をいろいろと入手できた。

CREA京都特集号に載っていた
「美碧」あるいは「いづう」の鯖鮨が食べたいなと思っていた。
が、京都伊勢丹地下にも種類は豊富(いづうの鯖鮨もあった)。
なんでこんなに棒鯖鮨に惹かれるのか、よくわからないけど、
とにかく食べたかったのである。

で、出会ったのが朽木旭屋の「旬鯖すし」。
なんと、4切れで3888円。1切れがほぼ1000円。
それこそ清水飛び降りクラスの値段だけど、
実にうまかった。京都に行ったらまた買いたい。食べたい。

こんなにサバが好きなのは前世がサバだったのかしら。

Posted by 吉田潮 on 2014/10/27 at 17:17:10




«Prev || 1 || Next»