2014/10/18
「社長吸血記」とキタザワ婦人

版ズレ感がオサレなパンフ
えらい前に鼻息荒くしてチケットをとっておいた
ナイロン100℃の「社長吸血記」。
三宅弘城と大倉孝二をじっくり観るなら
やっぱいいなあ、下北沢本多劇場。

今回は「難解で無意味な醍醐味」と
「リフレインへの執着」的な。
正直言えば、前の「デカメロン21」のテイストのほうが好き。
でも、改めて思う。ケラのお芝居はホント、ハズレがない。
大きな劇場でも中堅劇場でも、ケラの世界は濃密。

山内圭哉、そうそう、
「吉原裏同心」で唯一カッコイイと思った役者だった。
そもそも三宅弘城が出ると聞いて観ていたのだけれど、
出番があんまりなくて、しょぼんとした記憶が。
それをカバーしたのが山内圭哉だった気がする。

途中、劇中の演出で、えらいびっくりして、大声あげてしまった。
「うわびっくりした!」ときっちり文章で驚く。
ああいうときって、その後がすごく恥ずかしい。

あとからジワジワ可笑しかったセリフもあったんだけど、
その笑いが自分の中で変な時差で起きたから、
自分でもびっくり。2分後くらいに笑いがこみあげる感じだ。

それにしても42回ってすごいな…。
高校生のときに劇団健康も観に行った記憶があるんだけど、
詳しく覚えていないのが残念。

でも、チラシの字ヅラ
「手塚とおる みのすけ 犬山犬子 田口トモロヲ」
っていう、名前の羅列は映像として残っている感じ。
芸名の面白さって案外大事。

ということで、久々の下北沢。
地元友人で多忙なYを呼びつけて、案内させる。図々しく。

オサレフレンチで血が滴る肉を喰らい、
砂肝コンフィを丸呑みし、
カルバドスでうがい。

その後に行ったバーが大ヒット。
「バー キタザワ婦人」。
男性だけど美しいまどかママがやっている大人のバーだ。

ママに教えてもらったのは
フランスの修道院で作っているジンとウォッカ。
エギュベルだかエデュベルだかって名前だったかと。
鼻に抜ける香りがバラのような華やかさで、
幸せになれるジン、っつう売り文句。

飲んだらバニラオレンジのような感じだった。
修道女の情念と抑制と葛藤とそのほか、香草など、
秘密のレシピで作られているらしい(ウソ)。

マッサンのおかげで竹鶴、夜の街では結構出てるらしい。
私もうっかり飲んじゃう。その発想オッサンくせえなと思いつつも、
竹鶴→ジョニ黒謎のレーベルバージョン→マッカラン。
気づけば雀が鳴く時間。

Posted by 吉田潮 on 2014/10/18 at 14:58:48




«Prev || 1 || Next»