2013/04/29
肉を刺す

健康と減量のために歩き始めた。
1日7km。
が、思いっきり出ばなをくじくかのように
両足裏に肉刺ができる。

初日から水ぶくれ。
針で刺して水を抜くも、なかなか治らず。
まさに肉を刺す。
そしてくさい

取材→テープ起こしの繰り返し。
耳穴かっぽじって同じ姿勢で聞き直すこと数時間。
体がガチガチに固まる。

でも話が面白い人のテープ起こしは二度おいしい。
取材時に笑い、さらにテープ起こしで再度笑う。
結構幸せな作業。

久しぶりに、まあさとテレビのスタッフさんと昼から飲む。
テレビの行く末。まあさの行く末。
人様を心配している場合じゃなく、
自分の行く末を考えると気が遠くなる。根無し草の憂い。
なんつってな。

7年間心血を注いできた仕事が
政治的な事情によって終わり、
燃え尽き感に襲われている友人の話。
今カラオケに行くと、彼女が歌うのは長渕剛の「GOODBYE青春」
あるいは堀内孝雄の「愛しき日々」だそうで。
歌詞が自分の7年間に当てはまるのだとか。

私も編集者時代に心血注いできた雑誌が休刊となって、
虚ろな気分になったころを思い出す。
ところが新雑誌立ち上げでそれどころでなくなり、
吐きそうな忙しさと慣れない作業に
めまいした記憶がよみがえる。

GWはなんとか夫と一緒に時間を過ごせそうだ。
大学時代の友人も長野から久しぶりに来る。
衰えつつあるホルモン分泌、たまりつつあるストレスを
この人たちにぶちまけよう。

ああ、旅行に行きたい。
温泉つかりたい。キレイな海で泳ぎたい。山登りたい。
ほげーっとしたい。6月あたりに行けるだろうか。うん、行ける。いや、行く。

読んだ本。
北原みのり「さよなら韓流」
津村記久子・深澤真紀「ダメをみがく ”女子”の呪いを解く方法」

自分の中のマッチョ性と粘土層性に気づき、愕然とする。
以前どこぞの編集者に言われた
「なんかオヤジくさい」の意味がわかった。
そう、私はオヤジとマッチョでできていたのだ。
構成成分:オヤジ、マッチョ、ひがみと自意識過剰、女(濃縮還元)。
いやーな気分になりつつも気づかせてくれてありがとうと
念仏のように唱える。

Posted by 吉田潮 on 2013/04/29 at 00:30:25




«Prev || 1 || Next»