2013/04/02
ウソつかなかった

人と接していないのでウソつけず。
でも毎年楽しみなのは東京新聞のウソ記事。

花粉症を防ぐハナゲン(鼻毛がえらく伸びて花粉をシャットアウト)、
野球のルーツは日本だった、など。

でもいちばんウケたのは
映画「俺はまだ本気出してないだけ」のウソ広告。
堤真一主演なのだが、
この広告では蛭子さんが主役に。

「本気出してない」が地で似合う蛭子さんを抜擢する
センスのよさに脱帽。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
好々爺の名優・笠智衆の後釜をこの数年考えてきた。
誰があの立ち位置にいけるか。
最近、もしかしたらリリー・フランキーがイケるんじゃないかと
思い始めた。

おしゃれでニッチな中年男性という立ち位置だけれど、
角度や撮り方によっては70代に見える。
びっくりするほど枯れている。
今どきのギラギラした70代男性よりも
ずっと枯れている、ような気がする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
共通項としては本業は漫画家。
蛭子さんもリリーも。

忙しいときの一服の清涼剤は漫画と小説。
衝動買い&衝動読みしたのが
吉田戦車「おかゆねこ」
松田青子「スタッキング可能」。
買ってよかった、読んでよかった、面白かった。
脱力感を味わう1時間。



Posted by 吉田潮 on 2013/04/02 at 10:33:45




«Prev || 1 || Next»