2013/09/28
今のうちに

10月からまた忙しくなりそうなので、
観られるうちに観ておこう、
行けるうちに行っておこう、と思った映画が3作。
「地獄でなぜ悪い」はまだ行けてないが、
「凶悪」と「そして父になる」は
連チャンで時間差なく観ることができた。

偶然なんだけれど、
NHKオンデマンドで向田邦子のドラマをだらだらと
観ていて、そこに登場してきた吉村実子。
確か芳村真理の妹。

子供のころに観たドラマ「父の詫び状」や「あ・うん」で
杉浦直樹とともに記憶にこびりついた女優さん。
向田作品に欠かせない人。

で、まったく知らずに
「凶悪」を観たら、認知症の母の役で出ていてびっくり。
同じ日に吉村実子に思いをよせていて、
たまたま観た映画に出てくるなんて。
ツナガル感じ。呼ばれた感じ。

池脇千鶴に1000点!
山田孝之が観たくて行ったのだけれど、
うっかり吉村実子や池脇千鶴に反応。
やっぱり女は女に反応するし共感する。
この部分は完全にフィクションなのだが、
そのフィクションがリアルで、池脇のセリフがずしんと響く。
笑えないノンフィクションと笑えないフィクション。
ピエール瀧とリリー・フランキーはタイトルまんま。
胸糞悪い、後味悪い現実に吐き気を催す。
原作も必読。

このふたりがこれまた出ているのが
「そして父になる」
子役が天然
尾野真千子が観たくて行ったのだけれど、
子供が自然体でいいなぁ。
福山雅治が余計に嫌いになるほど適役。
個人的には樹木希林と尾野真千子の
仏壇のシーンが一番好きかも。

血のつながりに対して真木よう子のセリフが秀逸。
泣きました。ええ、泣きましたよ。

2本立て続けに観たわりに、背骨曲がらず。
でも胃がもたれる感覚。重いテーマなだけに。
ってなると、おバカなエンタメが緩和薬にほしいところ。

Posted by 吉田潮 on 2013/09/28 at 11:20:26




2013/09/27
男の焼きそば

夫いわく失敗作
某日。
9月の連休は夫が東京に。
ふたりで近所を散歩したり、DVD観まくったり、のんびりできた。

朝型の夫は起きてすぐに空腹飢餓状態。
近所のスーパーへさっさと買い物に行き、
ちゃっちゃとメシをこしらえてくれたりする。

焼きそばとオムライス。
しかし我が家にはソースとバターがなかったり、
いろいろと不備不足があって、
しかもフライパンは私が使うモノ以外は
奥のほうにしまってあるので取り出すのが面倒くさい。

夫の納得のいく材料や用具がないらしい。
手際がいいから気づきにくいんだが、
実はものすごく細かい工程を経ている。
私なんか全部いっしょくたで1ステップでやっちゃうけどな。

ひき肉とニンニクでかなり香ばしくて美味しい焼きそば。
ケチャップライスが絶妙なオムライス。
ついでに厚揚げ焼き。
晩飯のようなラインナップだが、これ、朝です。
私にとっては早朝です。


某日。
マメで人脈が異様に幅広い、アサ芸K氏と一献。
実は単行本のお仕事を紹介していただく。
ものすごくうれしい。やりがいのある単行本。
身を粉にして頑張ります。

三丁目「鳥源」→五丁目「猫目」。
鳥から猫へのラインナップは
出版関係の人のゴールデンコースのようで。
有名な作家さんも同じコースで飲んでいらっしゃった。

突然の召集に快く応じてくれた
新潮のS氏と日刊ゲンダイのCちゃんも一緒に飲む。
裏話てんこもり。

某日。
吉田潮で仕事を始めて、最初に声をかけてくれた
先輩ライターの丸山あかねさん。
キュートなのに骨太。私がくだらない悩みでもやっと
していても、それをさりげなく解決に導いてくれる人だ。

あかねさんが15年間続けてきた
日刊ゲンダイの「私のヰタ・セクスアリス」。
連載が終わるということで、
最終回の原稿を書かせてもらうことに。

15年のご苦労は心底尊敬。
すごいことだ。そしてインタビューした面々の話が
すごく面白かった。あかねさん、これまとめて出版してください。

築地の鮨屋→神楽坂「抱月」
おえらいさんの愛人宅だったという一軒家を改装した
情緒のあるお店でワクワク。

某日。
溶岩焼きの焼肉→カツオのたたき。
猫好きは飲み屋で必ず盛り上がるという法則。
ま、犬も子供も一緒なのかもしれないけれど、
ツンデレな猫にメロメロになっているオジサマがいて、
ああ、なんだかカワイイなぁと思う。
猫の魔力と原発と学生運動の話@ゴールデン街「ぱいんつりー」。
連れて行ってくれたCちゃんありがとう。

酒席での話はものすごく面白くて、
楽しい時間を過ごしたとほくほくして帰ってくるのに
翌日、なんだか楽しかったことだけ覚えていて、
キーワードしか思い出せない。おそるべし忘却力。
でもあとでひょんなきっかけで、じわっと思い出したりして、
反芻することもある。

二日酔いで電話をとると、その内容も夢うつつに。
母から米と黒豆とブドウが届く。
そういえば、夢で母からの電話をとった記憶が…。

某日。
ご近所友達のMさんがバゲットを焼いて持ってきてくれた。
これが本格的で気分はフランス人。
焼き立ても香ばしくておいしかったけれど、
余った分は冷凍にしておいて、
フレンチトーストにしてみた。
これがさ、すんげえうまい!
Mさん、パン屋になれるよ。
うちの近所はパン屋が少ないから、ぜひ作ってほしいわ。

相変わらず食糧支援をいただき、本当にありがたく。
私は食べ物に関してはとても幸せな人生を送っている。
考えてみると、
美味しいものを届けてくれたり、いただいたり、
作ってもらったり。たぶんそういう機会がとても多い環境におる。

「食うに困らない」というのは、稼ぐという意味と
周囲の人に恵まれているという意味もある。
感謝感謝。



Posted by 吉田潮 on 2013/09/27 at 16:20:13




2013/09/21
イベントお知らせ

漫画家の安彦麻理絵さんイベントに
出させていただくことに。
10月16日阿佐ヶ谷ロフトです。
酒飲んでグダグダしに、ぜひ来てくださいませ。



サイゾーウーマンpresents 
安彦麻理絵『オンナノコウフクロン』発売記念イベント 
マリエと語る「女人生の正しい煮込み方」

PMSで泣き叫ぶ夜も、酒で暴れる夜も、子どもや旦那にブチ切れる朝も、この日のためにあった…
ついにやっちゃうよ! サイゾーウーマンの「安彦麻理絵のブスと女と人生と」拡大版☆ 
大久保ニュー、田房永子、吉田潮も参戦決定。さあ、女人生の次なる地平をいざ開拓〜☆

<出演>
安彦麻理絵(漫画家)

大久保ニュー(漫画家)
田房永子(漫画家)
吉田潮(ライター)
サイゾーウーマン編集部員

<日時・チケット代>
10月16日(水)
OPEN 18:30 / START 19:30
前売?1,500 / 当日?2,000(共に飲食代別)
※前売チケットはe+にて9/28(土)12:00〜発売!
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/18739

Posted by 吉田潮 on 2013/09/21 at 11:52:34




2013/09/13
思い立ったが福島

ミュージアムグッズは微妙だった…
行きたい、行きたいと思っていた
プライスコレクション「若冲が来てくれました」。
東日本大震災復興支援の展示会。

プライスさんという金持ちがもっている
江戸時代の日本画コレクションは、
ちょっと前にも日本に来たらしい。
が、恥ずかしながら詳しく知らなかった。

今回の企画展はプライスさんが
復興支援になれば、と無償で展示をさせてくれた
というわけだ。

宮城、岩手、福島の3県の美術館で
順繰りに開催。
で、いちばん近い福島へ日帰りで。
イクゼ、フクシマ。やまびこ乗って〜♪こりゃたまらんらん

驚いたのは東北新幹線、結構混んでる。
リーマン風の人がたくさん。
東北復興に向けて、ものすごくたくさんの人と企業が
動いているのだと感慨深く思う。

が、隣のオジサマの香水が異様にキツイ。
押し寿司の酢メシ臭と私の体臭で対抗しようとしたが、
香水のほうが強かった。
普段ふっと嗅ぐだけなら心地よい素敵な香りなのだが、
隣にいて1時間半どっぷりだと鼻もげるわ。

しかも暑いのか、扇子でパタパタとあおぐオジサマ。
普通、扇子の風が人に当たらないようにあおぐよな。
私に向けて扇子をパタパタするもんだから、
香水臭が常に風上から襲ってくる。
スメルハラスメント。

いや、待てよ、もしや私が汗臭かったのかな。
オジサマも「隣のオバサンが汗臭くて、扇子攻撃してやった」
と今頃ツイッターでつぶやいているに違いない。

で、そもそも。
なんで伊藤若冲に興味をもったのかというと、
虎の絵を見たときに、うちの猫に似てたから。
よくよく見ると、その1本1本の毛がまるで生きているような、
精巧な筆さばき。
うわあ、これ本物を観てみたいなぁと思ったのがきっかけだ。

で、若冲がメインだけれども、
そのほかの琳派の画家の作品とか、いろいろな画家の
いろいろな作品があるわけで。

心惹かれるのは動物の絵、
そして、超こまかーい鳥瞰図みたいなヤツ。
じっくりねっとり観たかったんだけど、
とにかく人人人人人。
近くでじっくり観たくても、私のような巨体が
かぶりついて観ていると、邪魔だよなぁ。
つうか、高齢女性たちがぼんぼこぶつかってくるし。
大人になって、さっくり鑑賞。

やっぱり虎の絵はすごかった。
いや、若冲はホンモノの虎を見たことないんだけどさ。
中国の画家が描いた絵を見て、描いたんだそうな。
可愛い虎なんだけど、獰猛&剛毛な感じがして。
うちの猫そっくり。

若冲は女というか雌が嫌いなんじゃないかな。
なんとなく、どの絵でも、
雄をメインにして、雌をものすごくジャケンに、
というか、脇役にする。
根本的に雌に対する思い入れが薄いんだと思った。

その代り、雄鶏の絵なんかもう素晴らしく雄々しくて。
黒って単純な色じゃないんだと、
ホンモノを生で見て、思ったわ。

展示の方法はもうちょっと導線を考えてほしいなと
思ったりしたが、福島県立美術館の限界なのかもしれない。
とはいえ、新幹線で行っただけの価値があったと思う。

福島駅で福島県名物を!といきり立ち、
ままどおる、かりんと饅頭、かあちゃん漬け・とうちゃん漬けをオトナ買い。

ままどおるは、どこにでもあるような
黄身餡のお菓子なんだけど、
あったらあったでモリモリ食べちゃう銘菓。
箱で買ったら、1個おまけで入れてくれるのがうれしい。
当然、新幹線の中で3口で食い散らかした。

かりんと饅頭は試食したら、
なんだか焦げ臭いんだけど、それがちょっとアクセント。
かりっとしてないんだけど、これはこれでアリかなと。

かあちゃん漬け・とうちゃん漬けは謎のきゅうりの漬物。
明日、夫が我が家に来るので毒見させてから食べよう。

帰りの新幹線。
つばさとやまびこをドッキングさせるシーンを
初めて見た。
新幹線の先端で、結構細くなってる部分同士を
つなげるので、なんだかドキドキする。なんでかしら。

福島は意外と近い。東京から1時間半。
それでも静岡より遠いのかぁ。
金額もそこそこかかった。
東北地方は思っている以上に縦に長い!

昔、学生の頃、バイクで
東北の夏祭り制覇一人旅を敢行したことを思い出した。
東北自動車道で1日で盛岡までぶっとばしたんだよなぁ。
あんときは若かったなぁ…。
岩手さんさ祭り→青森ねぶた祭り・弘前ねぷた祭り
→秋田竿灯祭り→山形花笠祭り→仙台七夕のコース。
祭りの日程に合わせて動くから、きつかったなぁ。
金もなかったし。

いま、その日に思い立って福島とか行っちゃうことができる。
大人になったんだなぁと思ったりする。
お金とか時間の使い方が贅沢になったというか、
緩慢になったというか。

そんなわけで、8月9月はすごくのんびりできた。
10月からはゴリゴリ働こう。
ありがたいことに仕事が
どどどっとまとまって襲ってきそうな予定。

Posted by 吉田潮 on 2013/09/13 at 23:17:33




2013/09/12
ゲキ×シネ ド ハマリ

劇団☆新感線のチケットはまずとれない。
素人には無理。コネがあっても至難の業。
何度かローチケで頑張ってみたがまったくとれない。
その昔、友達Mちゃんは演者さんのコネで
お願いしまくって、ようやくとれたといっていた。
一度は観たほうがいいとオススメしてくれたんだが、
なかなか行くチャンスがなく。つうかとれないし。

で、劇団☆新感線の舞台を映像化、
って言うと語弊があるな、
舞台をきちんとした映像に収めて
臨場感と舞台感を損なわないように
まるで映画のように編集したのが
ゲキ×シネである。

バルト9で上映していたのはだいぶ前から知っていたが、
やっぱり最初は舞台を観てから、だよなと
妙に律儀ってたのだが。

試写会招待状をいただいたので、
あさましながらも、行って観た。
「シレンとラギ」
永作と藤原がそっくりなの

想像以上によかった。
舞台で観るよりも、とまでは言えないが、
舞台感は抜群。

たぶん舞台では気づかなかったであろう
永作博美と藤原竜也の顔面相似形。
なんかセリフしゃべるときのクシャ顔がそっくり。
物語的にもそっくりでOK。
三宅弘城の身軽さにくぎ付け。

ナマ感は多少薄れるのかもしれないけれど、
映像はきっちりしっかり演者の動きを見せてくれる。
うわ、これ2000円で観られるのかい!
今まで見逃していたのがもったいないと思い始める。

実はいまもバルト9で
数作品が期間限定で上映している。
つうことで、さっそくぽちっと予約して観に行く。
「朧の森に棲む鬼」。

市川染五郎と阿部サダヲ。
この時の舞台は大掛かりに水を使っていて、
さすが松竹の手が入るだけある。
億単位じゃないかと思うほど舞台が豪華。
染ちゃんも歌舞伎っぽい発声がいいし、
阿部サダヲの躍動感がいい。
高田聖子の敏捷で下品で手練れな動きもツボ。

ゲキ×シネはすでに10周年記念だそうで。
ちょっとハマって、しばらくはバルト9通いである。

最近、バルト9は妙ちきりんなアニメ作品ばっかりで、
大人の鑑賞に堪えうるモノが少ない。
ちょっと遠のいていたんだけれど、
ゲキ×シネのおかげで再注目。

ちなみにバルト9のフード系は
ちょっとオーガニック風に偏っていて、小賢しい。
油と炭水化物を敵視するようなニオイがする。
快適な映画館だし、夜中にもやってるから
基本的には好きなんだけど。
ビールのつまみにはちょっと物足りない爽やかさ。

Posted by 吉田潮 on 2013/09/12 at 10:41:02




«Prev || 1 | 2 || Next»