2012/09/09
パソコン修行

夫が干物屋でネットショップを始めるため、
悪戦苦闘中。

まずはブログ更新の方法を伝授したら、
さすがA型の夫。まじめに地道にブログ更新を毎日している。
「毎日更新して検索にひっかかるように!」
と夫の尻を叩く(自分は毎日更新してないくせに)。

今度はショップ運営の方法を伝授。
とはいえ私も試行錯誤で、まだちゃんと把握していない。

それでも夫は一所懸命取り組んでいる。
1年前まではパソコンを触ったこともないような人、
「小さい つ ってどうやって打つんだっけ?」
と言っていた人なのに、
ノルマを与えるとものすごく頑張る人である。

こういうとき、夫が体育会系ドMでよかった
とつくづく思う。

で、そんなPC音痴のドMな夫には
実はものすごい強力なサポーターがいる。
ネット関係をサポートしてくれるSさんだ。

地域密着型でコピー機やら通信機器系を
リース・販売・斡旋&アフターケアをしてくれている。

小さい つ の打ち方がわからないような夫を
訪問サポートしてくれているのだ。

人生で必要なサポーターって
医者、弁護士、税理士だと思っていたけど、
パソコン関係詳しい人もほしいところだ。

で、このSさんのご実家がお店だと聞き、
夫と訪れた。

静岡市葵区へ。
初めてしずてつに乗って、長沼駅で降りる。
てっくらてっくら墓地と川沿いに歩いて、
新北街道沿いの「酒菜さかもと」へ。

シメサバ、超うまい!
とろっとした美人のサバをほどよくしめて、
上品な味に仕上がっている。
ここ数年で食べたシメサバの中でナンバーワン。

おつくりも美味で、
サンマやアジなど私の大好きな青魚系がしっかりエントリー。
鮨職人だった親方の「いい仕事っぷり」を堪能できた。

卵焼きも2種類ある。
みつばとカニ入りの甘い卵焼きと
親方がつくるだしまき。
今回は甘いほうをチョイス。
次回は必ず親方のだしまきを食べよう。

君盃、國香、女泣かせ、安倍の雫、正雪…
静岡の地酒を飲んだくれていたら
うっかり意識が遠のいてしまった幸せな夜。
Sさん、親方、ごちそうさまでした。

本日の発見。
静岡では「そこまで言って委員会」が放映していた。
東京でいう「TVタックル」的な番組といったらいいのかな。

TVタックルは人の話を聞かないジジイ政治家ばかり出ていて、
「オレがオレが」にうんざりするけれど、
「そこまで言って委員会」はわりとまともな人が多くて、
つい聞き入ってしまう感じ。








Posted by 吉田潮 on 2012/09/09 at 15:29:17




«Prev || 1 || Next»