2012/09/25
映画は映画館で

1800円払う価値がある、と思う
作品に出会うと豊かな気持ちになる。

今上映中の西川美和監督作品。
「夢売るふたり」
伊勢谷友介、ナイス
夫婦なんて所詮他人。わかりあえるはずもない。
それでも努力して押し殺してぶつかりあう。
心象風景がとにかく秀逸。

個人的には
安藤玉恵や鈴木砂羽、伊勢谷友介がナイスキャスティング。
安藤玉恵って本当に溶け込む女優さんだと唸った。

「ゆれる」「ディア・ドクター」もよかったけど、
コレが一番えぐられる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
取材資料として
本や映画をゴボゴボと吸収しなければいけない時期。

試写会にもお邪魔する。
山田孝之主演の「ミロクローゼ」。
ジョニー・デップ超え

11月24日公開だが、山田孝之ファンは必見。
ティム・バートン好きな人にはたまらない
ファンタジー系だが、血沸き肉躍るシーンも多々。
観終わった後、なんとなく体が軽くなる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近、脇の下からケモノ臭が漂っていたんだが、
クリニークのデオドラント塗ったら、消えた。
あれ、すごいな。

S子がオススメしてくれたのだけれど、
日邦薬品工業の「オドレミン」に匹敵。
コストパフォーマンスでいえば、
1050円のオドレミンが上なんだけど、
ロールオンタイプじゃないから塗りにくいのが難点。

クリニークのほうは塗りやすいし、たっぷりの量がある。

メンズもあって、どっちにしようか迷った。一瞬。
ケモノ臭だからメンズにしようかと。
店員さんいわく、中身はほとんど同じだそうで。
ちょっと女ぶって、レディースにしてみた。

満足。

Posted by 吉田潮 on 2012/09/25 at 15:16:04




«Prev || 1 || Next»