2012/09/22
婦人公論出ました

バイブ名品をご紹介
今売りの婦人公論にて、
バイブの原稿を書かせてもらいました。
バイブ選びに悩んでいる方、ぜひどうぞ。

某日。
ボキャブラリー豊富な女性はステキだ。
話を聞いていて、本当に面白い。
スルスルと珠玉のたとえが出てくるので、
つい引き込まれていく。
言葉の使い方を知っている人に憧れる。

某日。
いつもお世話になっている方々と酒宴。
いい年した中年の集まりなんだけど、
まあ、ドのつくシモネタ話から
各々の今後の行方まで。
腹の底から笑わせてもらった。

ああ、この人、いい母ちゃんだなぁと思う女性や
男前でカッチョイイ!と思う女性。
あたしゃ、女の先輩に恵まれている人生だ。

某日。
浅草で、牛すじ煮込みとビール。
手乗りサイズのちっちゃいばあさんが近づいてきて
「あんた、女?」と聞いてきやがった。

こういうのは、慣れている。
私の声を聞いて、広〜い背中の後ろ姿を見れば、
たいていの人が「男? 女? どっちでショー?!」
と思うのは当たり前のこと。

こういうときの回答としては、
「もうしわけございませんが、一応、女なんですよ〜。
ややこしくてすみませんねぇ」
というか
「今年から女なんですよ〜」
とか
「去年までは男だったんですよ〜」
とか
「まだ改造中なんですよ〜」
など、用意している。

でも、オカマやニューハーフさんはみな美しいので、
「手術したにしては完成度が低い」ことになってしまう。
なので、いちばん最初の回答がベストかと。

一緒に飲んでいたKさんがはたと気づく。
「あのおばあさん、この界隈では有名な人かも。
私も前に『あんた、女?』って聞かれたことあるわ!」

なんだ、ばあさんのナンパ術か。
悪い人じゃない。
いろいろな人とコミュニケーションをとろうとしているだけ。
ただ、最初のワンフレーズが
他人を不快にさせる危険性が高い、というだけだ。

浅草、ぬるいけどいい街だ。
ROXの上に「まつり湯」があるので、
Kさんが連れて行ってくれた(ずうずうしく券までもらっちゃった)

ここのフィンランドサウナ、めちゃくちゃ温度たけえ!
うっかり調子に乗って、上段に座っていたら、
乳首がヒリヒリ。

ナヌ? この私の「面の皮が厚い」乳首でさえ、
ヒリヒリして痛くなるほどの熱さって!
試しに、股もちょっとだけ開いてみたんだが、
こっちは全然平気だった…。

命名・乳首殺しのサウナ。

高圧洗浄機的なミストシャワーが結構気持ちよかった。
洗車場に全裸で入った感覚。
温度は高いんだけど霧状&スプレー状で
全身を包んでくれる。
思わず「ほぇ〜っ」とゆるやかな雄叫びが出るレベル。

命名・熱帯雨林で絶滅寸前のオランウータンの気持ち。

ROXまつり湯、ちょいお値段が高いようだけれど、
なかなかいいぞ。








Posted by 吉田潮 on 2012/09/22 at 12:51:56




«Prev || 1 || Next»