2012/06/30
「汚れた心」「鍵泥棒のメソッド」

映画試写三昧。

日本人が知らない、日本から遠く離れた地で起きた事実を
基につくられた映画が「汚れた心」。

観に行った目的はもちろん伊原剛志。
あの見た目はどストライクで、しかも主演。
「愛と誠」で不良の親玉役をやっているらしいんだけれど、
もう少しどっぷり伊原臭を嗅ぎたいと思って。

ブラジルに住む日系移民が
第二次世界大戦後、敗戦の事実を知らないがゆえに
起こしてしまった悲劇。

この事実、全く知らなかった。
映画化もドラマ化もされていなかったそう。

ブラジル人監督が撮り、日本人俳優が演じる。

伊原はもちろんなのだけれど、
常盤貴子も断然よかった。
二の腕やたたずまいがいい。昭和女優認定。
奥田瑛二もいいっす

もう一本はがらっと違うコメディ。
大好きな香川照之の映画、
「鍵泥棒のメソッド」。
中車になっちゃったからなぁ

堺雅人、広末涼子、香川照之の主演。
私の嫌いな記憶喪失モノなのだが、
この仕掛けは面白い。
軽快かつ巧妙な展開だし、きちんと
お金かけるところにはかけているのがよかった。
映画ってこうでなきゃ!

香川照之…もうテレビドラマには出ないんだろうなぁ・・・。
残念だなぁ…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パソコンを新しくしたら、
驚くほど速い。で、なんじゃようわからん機能も
満載で、突然ボワンと音がして、画面上に自分が映し出されたりする。
手の動きで画面操作できるシステムらしいんだけど、
私にはまったく必要ナシ。
これ、どういう人が求める機能なのかしら?

しかし、今はみなさん、デスクトップPCを使わないのねぇ。
ノートか薄型の、ええと、あれ、なんていうのかしら、
あ、タブレット。これが主流なのねぇ…。

IT技術の進歩からどんどん取り残されて、意固地になりつつある今。

先日も「ガラケー」について学んだ。
友人が「携帯機種変に行ったら、いまはもうガラケーってないんだね」
とメールをくれた。

ガラケーって、柄の付いた携帯だと思ってた・・・。

スマホもタブレットもツイッターもフェイスブックも
私はさっぱりわからない。
こうしてIT難民化していくのねぇ…。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テレビに出るようになって、
家族や親類はそこそこ観てくれているようだ。

「デカイわね、やっぱり」
「まだ遠慮してるわね」
「やっと慣れてきたわね」
「前回はちっとも面白くなかったけど今回は面白かった」
「二の腕太すぎるからなんとかしなさい」
「袖のある服を着なさい」
「ワイプに映らないのは無表情だから、もっと表情豊かにしろ」
とか、まあ、好き勝手な感想を寄せてくれる。

「毎週テレビで観てるから会った気になっちゃってさ」
と友達。実際に会ってくれよぉ。

虚像(巨像ともいう)が独り歩きするのもまたおかし。

フジテレビ「知りたがり!」
毎週水曜日の「TVまぁさぐり!」コーナー、
ぜひ観てやってください。

関東の1都6県、他5県の放送なので、
全国放送じゃないところがポイント。

長野と愛媛の友達に言ったら
「出てなかったよ」とのこと。
そう、ほかの地域では15時で終わってしまうそう…。






Posted by 吉田潮 on 2012/06/30 at 17:39:54




2012/06/27
気持ちがいい服

何かに触れて気の交流が饗応しまくる
Tちゃんと久々に飲む。

何がしたいのか、迷いまくりの私に
さまざまなアドバイスをくれるのだが、
本人は無意識。

いやぁ、こういう存在は大切だ。

四谷荒木町をふたりで開拓しつつあるのだが、
今回は「酒房 一」に決定。
一見、こきたない店に見えるかもしれないが、
なんだか居心地がよくて、数時間。
客同士がなんとなく仲良くなれる店。
荒木町においては敷居の低い、今後も通いたい店である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
加齢とともに体型が変わるのに、
既製品は杓子定規のまま。
そんなお悩みに対応してくれる
ブランドを発見。

静岡県のメーカーだが、
コンセプトは「すっきり見えるのにゆったり」。

肩幅は変わらないけど、そのほかが変化した
40代、50代の女性のために
素材も縫製も納得のいくクオリティ。

なんといっても着心地がよい

アラフォーアラフィフにぴったり

3日間だけ。まずは試着を

7月7日〜9日と、3日間だけは
東京でサロン開催だそうだ。
私もブラウスを買うべく、行こうと思っている。

良質素材で、100%ウォッシャブルなのが
私のツボ。基本的にはがっしがし洗濯したいしね。

洗える、縫製が良質、体型カバー
と3つのツボを心得ている服ってなかなかない。

気になる人はぜひ。
http://www.i-50.co.jp




Posted by 吉田潮 on 2012/06/27 at 00:52:16




2012/06/25
お笑い三昧

嫌なことが立て続けに起こり、
ちょいと落ちこんでいたので心機一転。

親友Mに誘われていったのが
ダンゴムシTシャツ買っちゃった
ラッキィ池田プレゼンツ「おれたちダンゴムシ」。

どうしようもない内容なんだけど、
イワイガワのふたりがなんとかしてくれた。
ギャグのエッセンスが古い古い。
その古さが面白くて、Mと大笑い。
(グルーピーっていまどき使うか?みたいな)

なんかしらんが地下アイドルみたいな男子が
一緒に出てきてクルクルと踊るんだが、
その子たちのファン女性集団が姦しいこと。

一方、そのほかの皆さんを観に来た人は
もろファミリー、身内系。
子供が騒ぐわ、踊りだすわで、それを見るだけでもちょっと楽しかった。

で、そのまま中野の「陸蒸気」へ。
魚を囲炉裏で焼いてくれる店で、雰囲気が最高。
のどぐろと花咲ガニをつまみに、日本酒。

いい具合で酔っ払ってからZEROホールへ。
ええ、楽しみにしていた
「鳥肌実42歳厄年夜逃げツアー」。
白ブリーフ姿がまぶしい

今年の中将はさらに太ってぷっくぷく。
学会ネタは少なく、右翼左翼ネタ、高嶋の嫁、
木嶋佳苗など。
昔の中将の映像が懐かしい。
麗しい美少年のちんこ丸出し全裸姿。

鳥肌ファンの男性はなぜかみんなガタイがよい。
固太り、丸坊主、ごりマッチョ系が多し。

念仏のように心に染み入る
貧乏不遇欲情空腹貧乏不遇欲情空腹…。

これにてストレス発散。
ふうぅ。

Posted by 吉田潮 on 2012/06/25 at 12:33:58




2012/06/14
忙殺

日記更新もだんだんめんどくさくなってきてしまった
今日この頃。いやいや、でも6年続けてきたことだし。
そろそろ潮時かなと思いつつも、なんとなくケイゾク。

某日。
青山へ若手俳優の舞台を観に行く。
が、ちっともよくなかった。
ドラマで観る限りはとても雰囲気のある俳優だったが、
舞台では存在感もインパクトもまったくなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
以前から気になっていた
若松孝二監督の三島由紀夫映画。
「11.25自決の日」。
ARATA改め井浦新

この作品で芸名をARATAから井浦新に変えたというから、
ま、ARATA改め新、目的で観に行ったのだが、
断然、満島真之介がよかった。

満島ひかりも好きだが、この弟もなかなか。
そういえば、市村正親主演の芝居「エンロン」でも、
満島のぷりっとしたケツとダンスは格別によかった。

でも映画ってお金がないと、
肝心な部分の迫力が出ないんだなぁ。もったいない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
親友と福島のスパリゾートハワイアンズへ。

ものすごい昔、常磐ハワイアンセンターのころに
行ったことがあり、
そんときはプールがとにかく小便くさくて辟易した記憶が…。

が、改名して、リニューアルして、復興して、
なんだか素晴らしい施設になったと聞いていた。
それを確かめに行ってきた。

ところどころツッコミどころはあるものの、
40歳でも異常に楽しめて、フルに活用できた。
温泉はあるわ、ウォータスライダーはあるわ、
メシもそこそこおいしいし、おもいっきり泳げるプールもあるし、
あかすりもマッサージもあるわ、昼も夜もフラダンスショーがあるわで、
心底楽しめた。
ま、親友と一緒に行った効果がいちばん大きいんだが。

連休はずっと仕事していたので、連休の代わりにリフレッシュ。
欲しいと思ったものは我慢せずに購入。
それが福島への恩返し。

ハワイアンズで買ったムームーが
えらく着心地がよくて、中年女性に最適である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
大阪へ日帰り取材。
東京の禁煙ファシズムに違和感を覚えていたのだが、
大阪はまだまだフリーダム。

喫茶店の禁煙席と喫煙席の割合が
東京と逆。
東京が異常なだけなんだと痛感。

確か、高知も喫煙天国だった記憶が。
東京って何もかもが過敏というか神経質というか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
書店でなぜか惹かれて、漫★画太郎先生のマンガを購入。
鉛筆で描いてるとしたら
小指の横が真っ黒になりそうなタッチに
しばし呆然とする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
革張りのイスの座面めがけて
キクラゲが1日2回も吐しゃ物をぶちまけた。
革だからしみこむしみこむしみこむ。

最近出張やら1泊旅行が続いて
ご機嫌斜め。腹いせなのか、ストレスなのか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
夫と姉が同時にやってくる。
我が家は狭いワンルームなので、
川の字になって寝る。

姉は相変わらずで、到着早々に「ドミノピザ」をオーダー。
伊勢丹へ行った私たちに「エルメのミルフィーユ」をオーダー。
コンビニに行った私に「ハーゲンダッツ」をオーダー。

また「フィーダー(エサをやる人)」の気持ちになる。
これって歪んだ愛情なのだろうか。





Posted by 吉田潮 on 2012/06/14 at 21:53:13




«Prev || 1 || Next»