2009/04/30
脳内がとっちらかってる

ここのところ、細かい仕事が多くて、
脳内整理ができていないらしい。
そのせいか、悪夢というか、妙に疲れる夢を
たくさんみる。
オムニバスとか3本立てとか。

だから朝どっと疲れていることが多い。

そのせいなのか、
深夜に隣の部屋から規則正しいあえぎ声が聞こえるのだ。
女性ではなく男性の荒い息遣い。
「ふんっふんっふんっふんっ」って感じ。

これって幻聴? 欲求不満?
初めは自分の鼓動音とか耳鳴りみたいな
モノだと思っていた。
あまりに規則的なリズムだから。

でも深夜に限って聞こえてくる。
聞こえてこないときもある。
お隣さんが本当にセックスなりセックスに近い行為なりを
しているのであれば、安心なのだが。

謎である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日、仕事の資料本などの宅急便が届いた。
いつもボロボロの格好で適当に出て、
ハンコ押して終わり、なのだが、
今日は違った。

「潮さん、新しくオープンしたマルイの本館、
行きましたか?」とさわやかな笑顔。

「いや、行ってないっす」と私。

「そこのル・プチメックってパン屋のパンが
すごくおいしいので、ぜひ行ってみてください!
クチコミで広げているんですけどね」とお兄さん。

「はあ、じゃあ今度いってみますわ」と私。

そこで初めて気づいた。
お兄さんが非常にさわやかで、
わりと小奇麗な顔だったことに。

基本的に人と会うときは
目を見て話そうと思うし、
顔をじっくり見るんだけど、
宅急便だのゆうぱっくだのアマゾンだの
配達人の顔なんか見ていなかったのだ。

新聞の集金のお兄ちゃんは
ちょっといろいろあって、
顔はわかるんだけど。
(ロバートの緑髪の青年に似ている北関東訛りのお兄ちゃん)

ちゃんと顔を見よう、と思った。
それがコミュニケーションの始まりであり、
防犯という意味でも役立つのだから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私がマンコに入れても痛くない
女子が何人かいる(どんだけガバガバ?)

そのひとりがキムイッキョンちゃん。
関西で大学講師をしているキュートで聡明な女子。
彼女はまさに「人と人をつなげる」人だ。

7月に新宿ロフトプラスワンで行うイベントに
誘ってくれたのも彼女。
ササタニーチェ君という映像家が主宰のイベントで
私に声をかけてくれたのだ。
それだけでなく、豪腕記者さんや豪傑編集さんを
次々紹介してくれた。

人間の器のデカさはこういうところに出る。
みなわらないとイカンな。

ササタニーチェ君のDVD。
秘宝館のドキュメンタリー映画だそうだ。
null

実は私も伊勢の秘宝館へ行ったことがある。
馬の交尾ショーが観たくてさ。
だって馬並み…。
心のどこかで巨根が観たいと思ったんじゃないかな。

これがそのときの入場券とワケわからん認定証。
null

Posted by 吉田潮 on 2009/04/30 at 02:01:35




«Prev || 1 || Next»