2009/08/18
すごい体験

null
友人の得度式を見学してきた。
北九州空港からバスと電車で1時間。
求菩提(くぼて)山にある龍王院へ。

こじんまりとしたお寺だけど、
ちょっと高台にあって、
いい感じの風が吹いていた。

前夜は大雨がたたきつけていたのに
快晴に。

柳家小さん似の山田龍真住職は
先祖供養では有名な人。
霊とネゴシエートできる人で、
成仏できない霊を送ってくれるそうだ。

全身に痛みがあって病院に行っても
原因不明で埒が明かないような人、
家電製品が一気に壊れたという人、
それが成仏できない霊による
「霊障」なんだって。
(…私の頭の消えないハゲは
もしかして霊障でしょうか…)

山田住職は護摩を焚いて、
先祖供養をしてくれた。
お盆の施餓鬼供養。

すんごい熱い!
横から写真を撮っているだけで
デジカメが燃えるように熱くなる。

でも、いざ燃え盛る炎の前で
山田先生に喝を入れてもらうときは
ぼわんとした熱さが心地よくて、
「あーカラダの芯まであったまるわぁ〜」
みたいな遠赤外線感覚に。

その後、得度したMちゃんの
ご先祖探しの旅に出る。

Mちゃんの祖父の家系が眠る墓を探す。
正直言って、その地名と祖父の名前しか
わからないという。
手がかり少なすぎッ!

その祖父は養子に出てしまったので、
先祖代々の墓には入っていない。
しかも祖父の父親の名前とかもさっぱり
わからないと言う。

ところが。
その地域の寺を訪ね、祖父の苗字を頼りに
捜索を進めていったところ、
なんと祖父の弟の息子さんに
偶然出会えたのだった。

得度したおかげかしら。

しかも。私たちがいきあたりばったりで
見つけた墓地のなかで、
「まさかこの立派なお墓じゃないよねぇ」
といちばん最初に見ていたお墓が
実はドンピシャだった…。

おお!すごいぞ!
ドキュメンタリー番組のような展開に
ふたりで大興奮。

Mちゃんは無事に先祖供養できたのだった。

そんな神々しい体験(いや、仏々しい?)
をした後で、はたと考える。

ワタクシ、先祖供養をちっともしてなかったわ…。

今回の北九州行きは急遽3日前に決まった。
なんだか行きたいなと思っただけで、
深い意味はない。

でもいろいろと符合することがあって、
もしかしたらご先祖に呼ばれたのかなとも思う。
おそらく、今回の旅には意味があったんだろうなぁ。

山田住職が得度したのも真言宗。
名前が龍真だし、お寺も龍王院。

高尾山が好きなのも(修験者の寺がある)
高知の樽の滝(別名・蛇滝)が好きなのも
振り返ってみれば、
真言宗系の取材をしていたのも
(成田山で写経したり、高尾山の蛇滝で滝行経験したり…)
うちの菩提寺が真言宗で龍泉寺なのも、
偶然ではない気がする。

真言宗、天狗、修験者、龍(蛇)、
昔から中日ドラゴンズファン…
なーんて、考えたりしたわけだ。

そんなお盆を過ごして家を2泊留守にしたので、
わが家の暴れ龍ことキクラゲが怒っている。
ゲロは吐くわ、足に噛み付くわ、
オシッコをトイレから外しまくるわで、大変なことに。
長くてシマシマの尻尾が龍っぽいのよね…
なーんてすべてをこじつけようとする俺。

小さな毛むくじゃらの暴れ龍神の
機嫌をとりながら、いろいろと考えるお盆である。

Posted by 吉田潮 on 2009/08/18 at 11:49:02




2009/08/13
地震のたびに浅ましさを感じる

null
静岡が震源地なのに
なぜ新宿がこんなに揺れるのか。

小さい地震ならほとんど気づかないんだが、
ここ最近の地震は飛び起きるほど揺れる。

揺れているときに
まず何を守るか。
そこに人間の本性が出る。

まっさきにグラグラ揺れているテレビをおさえる私。
おさえながらキクラゲの位置を確認し、
逃げるときはバスタオルで抱っこしようと
考えている。

優先順位が
テレビ(自宅の中でいちばん高級品)→猫
なんだ…と痛感。
浅ましいかな、自分。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
明日、急遽、北九州へ飛ぶことになりました。
ちょっと楽しみ。

Posted by 吉田潮 on 2009/08/13 at 15:55:24




2009/08/10
HPリニューアルのお知らせ

19日夜1:00〜
HPリニューアルします。

朝には、ぴょろんと変身します!
お楽しみに〜。
(つうか私は何もしないんですが・・・)

管理・製作してくれている
Mちゃんに感謝!

Posted by 吉田潮 on 2009/08/10 at 18:40:30




2009/08/10
優等生ほど○○○

null
私が中学・高校生のときはルーズソックスや
ラルフローレンのハイソックスが流行り始めた頃。
(私は3足1000円の紳士モノを履いてたけど)

その頃でも律儀に三つ折ソックスを
ちゃんと履いていた女子は
優等生だったわけだが、
そういう女子に限って極悪非道なことを
していたりする。

ノリピーを見てそう思い出した。
三つ折ソックスの女の法則。

芋づる式に芸能界のヤク汚染と
シャブ中タレントを
暴露してほしいものだ。
事務所の大きさに関わらず。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
彼氏から
「なんかコワイ。股から熱気が出てる…」
と言われた。
欲望が気化したらしい…。


Posted by 吉田潮 on 2009/08/10 at 12:27:01




2009/08/07
灼熱とガキの国へ


またタダ券があったので、
家族&彼とディズニーランドへ。

クソ暑い夏休みなので、
ガキがたくさん。
日本の少子化ってウソじゃないか?
と思うほどのガキ・ガキ・ガキ…。

ファストパスのシステムは
いいのか悪いのか、わからない。
あれほど人間の魂を醜くするモノは
ないなと思ったりして。

ファストパスをとったヤツラが
悠々と、しかも堂々と、
並んでいる横を通り抜けるとき、
待っている人間には明らかに悪意が芽生える。

ファストパスじゃなくて
ファットパスがあればいいのに、
とつぶやく姉。
太っている人は優先的に乗れる、
という意味不明のシステムを提案。

とはいえ、アトラクションはかなり
乗りまくったんだけどな。

屋外のコースターは好きだけど、
屋内を走り回るのは気持ちが悪い。
子供の頃は異様に楽しかったはずの
スペースマウンテンも、
アラフォーのカラダにはこたえる。

スペースマウンテンで死んだ人の霊が
屋内に蠢いている感じがして、
圧迫感と寒気が…。
(タバコ吸ったら治ったんだけどさ)

私の魂をゆさぶるには
やはり屋外の絶叫コースターであると確信。

夏休み終わったら
絶対に富士急ハイランドへ行って、
魂の浄化をしてこようと思った。

今回はポンチョ購入など、
無駄な出費はなかったが、
生理痛と下痢と脱水症状で
三途の川わたりかけたわよ。
三途の川も夢の国に流れてるのかしらね…。


Posted by 吉田潮 on 2009/08/07 at 20:34:47




«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»