2008/06/26
読書日

null
たまっていた「つん読(ツンドク)」を
一気に片付けようと試みる。

エイミー・ベンダー「わがままややつら」(町田康みたいで読みづれえ)
ロバート・A・ハインライン「夏への扉」(つまらなくて途中で断念)
岸本佐知子編訳「変愛小説集」(クスっと笑いながら)
団鬼六「最後の愛人」(純愛って何だ?)
池上遼一「クライングフリーマン 1〜4巻」(闘うときになぜか裸の漫画)
坂東眞砂子「傀儡(くぐつ)」(まだたどりつけず)

ヒットは変愛小説集かな。
訳者が好きで購入する本は
柴田元幸についでこの人に限る。
ユーモアをもった訳者の選んだ小説集なのだから、
さぞかし面白いに違いない、と思ったの。
なかなかにヒット。
恋愛ではなく変愛。
くすっと笑ったりぞっとしたりで忙しい感じ。

ま、そんなわけで
セックスとメシと読書。
なんだか人間の理想的な生活のような気がする。
今週はそんな1週間だ。
まんなかでそう決め付けるのもどうかと思うが。

Posted by 吉田潮 on 2008/06/26 at 03:08:37




«Prev || 1 || Next»