2008/01/27
水分代謝のカラクリ

null
先週、ずっと座って原稿を書いていたので、
足がパンパンにむくみました。
でも異常にのどが渇くから、
茶をがぶがぶ飲んでいたのです。

しかし、トイレに行ってもほとんど尿が出にょう。
もとい、出ない。

その仕組みを図版つきでご説明します。

ずっと座っていると、下半身に水分がたまる

本来なら足を動かすことによって、
静脈やリンパ管を通って、心臓へと送り戻される
ところが、足を動かさずにいると、
水分が皮下組織にたまってしまい、むくむ

心臓から動脈を通って、毛細血管の網目を通して、静脈へ。
余分な水分や老廃物は静脈やリンパを通して心臓に戻る

体内の水分量を調節する受容体(レセプター)は
実は心臓の大静脈の近くにあり、
足のほうから静脈を通して戻ってきた量によって、
脳へと信号を送る

足の皮下組織に水分がたまっていると、
心臓に戻る水分は減っている。
それをレセプターは「水が足りへんで〜」
と勘違いして、脳に信号を送ってしまう

それで人間はのどが渇いたと勘違いして、
水分摂取をしてしまいます。

そうすると、皮下組織に水分がたまっているのに、
また水分がどんどん漏れていき、静脈やリンパへ
戻りにくくなる。むくみはひどくなる一方

水分をさんざん飲んでいるけれど、
皮下組織へとダダ漏れしているため、
尿量が減る

ってことだ。

水分代謝がいい意味でも悪い意味でも
わりと激しい体質なので、
自分の体の水分代謝の謎が解けると面白い。
汗とか涙とか尿とか潮吹きとかね。

そんなわけで穏やかな日曜日。
原稿はまだまだ残っています…。
水分代謝なんかどうでもいいから、
原稿書けよ。






Posted by 吉田潮 on 2008/01/27 at 13:48:14




2008/01/26
恋人も夫もセフレもいないシングル女はむらむらしたときどうすればいいのか

null
前に一緒にイベントに出た女子のひとりが
酔っ払ったときに、こうつぶやいていた。

「シングルオンナで、彼氏もセフレもいなくて、
すごくセックスがしたくなったらどうすればいいんですか?
売りセンで男の子を買って、金払ってセックスするのは
いやだし、ハプバーとか得体の知れない男はイヤだし。
そういうとき、オンナはどうすればいいんですか?」

さて、回答は…?
1 オナニーで我慢して寝る
2 元彼氏など、声かけたらやらせてもらえる男を使う
3 ナンパしに夜の街へ繰り出す
4 金のかからない3P斡旋クラブなどにアクセスする
5 襲う

いや、正解なんてのはないのです。
自分が納得のいく方法を選ぶしかないわけで。

あまりに「ローリスクハイリターンを望みすぎ」で
ハッキリ言えば図々しい。
オンナは物理的に受け入れる側だから
受動態な考え方はある程度仕方ないけどさ。

男性だって、一緒なんですよ。
風俗行くのはイヤだし、得体の知れないオンナと
セックスなんかしたくない、って思っているわけですよ。
チンコだって。

こういうときは、
己の欲望の強さとプライドの許容範囲、
そして懐の状況に、万が一の危機管理術などを
トータルで考えなければいけないのです。

でも、そんなこと考えている人は
たぶんすぐにセックスなんぞできないんだろうなと。

都合のいいチンコがほしいなら、
自分も都合のいいマンコになる覚悟をするべきなのです。

皆さんは相手がいなくて、でもむらむらしたとき、
どうやって過ごしてますか?
過去の私は3と4の選択肢(時には5も)を選んでました。
で、問題は今だよ、今。

まさにこの問題に直面している私としては、
二丁目の男の子を買いに行こうかどうしようか
夜中にじっと暗闇で考えたりするわけです。
でも、実行に至らず。

つうか、ここのところ忙しくて、
それどころじゃなかったともいえます。
原稿ラッシュのヤマ、超えました。ふー。

昼間は取材して、
夜は原稿書いて、の連続。
取材した男性で素敵な方もたくさんいたので、
つい股間を濡れそぼらしたこともありました。
でも締め切りは迫ってきます。
濡れてる場合じゃねぇ。

ぐっちょりたまったモノを入稿するのに、
ちょっと空き時間ができてしまったので、
神保町の激痛マッサージへ行ってしまいました。

いつもなら、いとしの小林先生
(私のカラダを知り尽くした男!)
http://www.497kmm.com/
に自宅に来ていただくのですが、
今回は神保町にいて、
空き時間利用のため、
中国人の周さんにすがりついたのでした。

周さんは「ビジュアル系にした なだぎ武」
みたいな感じでしょうか。
ひょろんと背が高くて、細身の色白。
なのに、手が異常にデカイ。

男の手が大きいとムラムラするよな。
できればふしくれだっていて、
手の甲には血管が浮きまくっていてほしい。
だけど深爪、みたいな。

で、この周さんのマッサージは
超激痛。細胞が押しつぶされるくらい。
ところが、この痛みがなぜか快感へとスイッチして、
口からはよだれが、マンコからは汁が
あふれだすのである。

いや、性感マッサージではありません。
力と圧のコラボレーションはさすが4千年の歴史・中国。
数日間睡眠不足と座りっぱなしで肩ガチガチの私の体は
フニャフニャになっていくのです。

ところが。
1時間半コースであと15分くらい、ってときに
ヤツがやってきました。
ええ、足が攣ったのです。

いつものパターンは
布団に入って、さあ、寝ようというときに始まります。
まず、右足の裏が攣ります。
ふくらはぎあたりからもみ始めて、
収めようとするもののまったく治らず、
家の中を歩き回ったり、ピョンコピョンコとんだり
はねたりして、もがき苦しみます。
痛くて涙も出ています。
夜中にピョンコピョンコとんでいるという
情けなさも涙増量に貢献。
しばらく悶えること10分くらい。
ようやく治ったと思って、
そーっと布団に入り、寝ようとした瞬間、
今度は左足が攣るのです……。

運動不足?カリウム不足?
ココ1ヶ月、毎晩のように足が攣り、
苦しんでいたのですが、
なにも周さんとこで攣らなくても!

周さんは日本語がよくわからないらしい。
攣った!といってもわからなかったみたいです。
でも痛くて涙流している私を
「コイツ、クルシンデル、ナントカ、シナキャ」
と思ったらしく、ホットタオルを大量に
もってきてくれて、右足をぐるぐるに巻き、
その上からもみほぐしてくれたのでした。
その間約30分。

結局、2時間くらいの施術をしてもらったのでした。
周さん、ほれたぜ。

約1ヵ月半、セックスもせず、
男性にカラダを触れてもらうこともなく、
ギスギスしているので、
こんなことくらいでも絆されてしまう自分がおります。
周さんが、なだぎ武じゃなくて、
ジョシュ・ハートネットに見えてきたよ……。

※今変換して気づいたのだけれど
「絆される(ほだされる)」っていい日本語ですね。


Posted by 吉田潮 on 2008/01/26 at 19:49:58




2008/01/24
帯新装!

null
増刷かかったわけでもないのに、
在庫の本に対して、
版元の社長が帯を新装してくれました。
まるで、出戻りの娘のために
再び花嫁衣裳をこしらえてくれた母のようです。
感謝!

しかも。

岩井志麻子先生のお着物姿がどどーん!
インパクト大!

このニューバージョンを入手するには
書店へ注文しないといけません。
アマゾンだと、前回のものが在庫として
あるために、おニューが出てこないのです。

さ、あなたのお手元にニューバージョンを!
(ずうずうしい)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、うれしいことがふたつ。

祝!日刊ゲンダイ連載延長決定!
「ヤリマンライター吉田潮が検証
セックス本の真価・珍価」
があと3〜5回延長することになりました!
人気があったからなのか、
紙面都合上なのかは
聞かないで!
とにかく潮の連載はうれしいので、
がんばります!
(日刊ゲンダイの土曜日版です)

「新潮45」(2月18日売り)で
とある大物男性に取材することが決まりました!
私が一度会ってみたかった
いや、ヤッてみたかった御仁です。
うっしゃー。楽しみです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在、オバジは一時的にストップしています。
なんだよ、ちっともキレイになんか
なってねえじゃねえか。
鏡を見て舌打ちしまくりの私。

ところが、男性からかなりモテます。
正直いって、男性は肌なんか見ていないと
思っていました。ここんとこ立て続けに
キレイな肌とほめられ、
実年齢よりかなり若くみられました。

すげえぞ、オバジ効果!

この勢いで、ぜひ大物チンコを釣り上げたい!
「松方弘樹、世界を釣る!(テレビ東京)」
の勢いです。あるいは
「マグロ(テレビ朝日)」
の題字のような勢いです。

さ、残りの締め切りもこの勢いで!
(ってそうはいかないんだよな)

Posted by 吉田潮 on 2008/01/24 at 15:50:29




2008/01/20
オナニーでイク度涙流れ落つ体が忘れぬ極上の味

null
アサゲイ性豪烈伝のマンガです。


そろそろセックスしないで1か月以上たちます。
今年のヒメハジメはいったいいつになるんだ?
ムラムラしてオナニーするものの、
イク瞬間になぜか涙が出ます。
フラッシュバックで彼とまぐわっている映像がよみがえります。
こりゃ重症のPTSDか?

どんなにロクデナシでも
体の相性がよかった相手は
なかなか忘れることができない、
と親友も断言していました。

早いところ他のチンコでイカないと、
この幻影と落涙のクセを払拭できません。

でも、もしかしたら2月に
相当の手錬男性とまぐわうかもしれない
チャンスの可能性が出てきました。
念願かなったらレポートします。

で、HPの日記をUPしている暇があったら、
原稿を書け、仕事をやれ、
という視線を背中に感じます。
合計30ページ前後の締め切りが
すべて今週中です。

で、本日はイベントです。
本日付の東京新聞にも高崎さんの写真とともに
イベントの告知がされていました。
楽しんできます。

Posted by 吉田潮 on 2008/01/20 at 11:51:59




2008/01/15
イベントのお知らせ!

顔もマンコも水分失われて
カッピカッピの砂漠状態の潮です。
そんな私に水をくれたのが
ライターの先輩である
高崎真規子さん。

1月20日(日曜日)18時〜
阿佐ヶ谷ロフトにて
トークイベントを行うそうですが、
そこに誘っていただきました。

ご興味のある方は
ぜひ遊びに来てください。
当日は「幸せな離婚」も販売します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イベント
「女の時代といわれてるけど、私たち元気になったわけ?」パートII

『アンアン』のセックス特集は毎号完売してるけど、
本当にセックス楽しんでる? 働きマンが人気だけど、
みんなどんな夢もってるんだろう? 
仕事にセックスに恋に結婚に、挫折や不安……
今の時代を生きる女子たちの本音のぶっちゃけトーク第二段。

【出演】
犬塚左恵(ミリオン出版編集者)
神林広恵(フリーライター)
高崎真規子(フリーライター)
田中ちさ(亜紀書房編集者)
他女子多数

OPEN 17:30 / START 18:00
?1,000(飲食代別)<当日券のみ>

http://www.loft-prj.co.jp/lofta/map.html

Posted by 吉田潮 on 2008/01/15 at 00:15:43




«Prev || 1 | 2 || Next»