2017/12/04
バヌアツ・ハロウィン・収穫祭

夏休みを取って以来、怠けていました。
もう冬やんけ!いや今年終わっちゃうやんけ!
ということで、この3か月を振り返ります。

まずは夏休みのバヌアツを。9月の話だよ。
ホテルから直結ビーチプールでシンクロモドキ
バヌアツに行くと言ったら、
ほとんどの人が「え?どこ?」と言う反応。
地図でいえば、ニューカレドニアの上あたり。

なかにはボツワナと聞き間違えて、
「大丈夫?そんな紛争地帯に」と言われたことも。

いや、バヌアツはお勧めです。
ホントにまだ地球上にこんな美しい海が、土地が、
あったのか!と思うほど。そして、人がみな優しい。親切。
猫も夜這いにやってくるコテージ

ホテルはイリリキという離れ小島の高級リゾートに。
ここは奮発ですよ。はい。
一緒に行ったのは毎度おなじみCである。

エビカキフライフライ!
バヌアツは何が美味しいかって、
断トツエビじゃないかと思う。
とにかくぷりっぷりの弾力と歯ごたえ。
例えていうなら、
日本で食べるエビが志賀廣太郎だとしたら
バヌアツのエビは竹内涼真みたいな感じか。
いや、志賀廣太郎大好きだよ。大好きだけど、陸王でたとえるなら。

ブルーホール飛ぶよね
サント島のオプションツアーもつけたのが正解。
火山をナマで見られるタンナ島も魅力だけど、
ブルーホールとシャンパンビーチの魔力が強くて。
これ、ナンダブルーホールなんだけど、
めちゃ透明の深い水たまりと思っていただけたら。
その深さ、13メートルだったかな。しかも淡水!
そりゃ飛ぶよね。3回も飛び込むよね。
噓かと思った。あまりに透明で。写真じゃ伝わり切らない美しさ。
シュノーケリングしまくる。

シャンパンビーチガイドのロイ
そしてポートオーリーのシャンパンビーチ。
ガイドはバンジージャンプ発祥の地・ペンテコスト島出身のロイ。
大学に行っていたけれど、弟妹のためにやめて、働き始めた苦労人。
バヌアツの歴史を教えてくれる。
あ、こうかくと、まるで私が英語を100%聞き取れるかのような
錯覚が生じるけれど、たぶん3割くらいしかわかっていない。
でも想像と妄想と拙い質問で補う。

名前忘れたうまい
地元のおばちゃんたちがやっているお店で
トゥルクっつったかな、ガイドにはラプラプとあるんだけど、
もっと違う名前で売っていたような…。
これがね、うまいんです。
タロイモつぶした中にミートソースみたいなものが入っていて、
バナナの葉でくるんで蒸してあるやつ。
ココナツも飲んだよ。結構大量。

カバどう見ても泥水
そしてバヌアツで最も試してみたかったのがカバ。
胡椒科の植物の根をすりつぶして水で溶いたもの。
鎮静作用、つまりダウナー系の健康飲料というか、
酒とも薬とも違う、独特の飲み物。

飲むと、食道がボワンと膨張するような感覚。
胃カメラ飲むときの麻酔をしたような感覚かな。
味は朝鮮人参汁に泥水を足したような。根っこの味。
調子こいて4杯くらい飲んだ。

サント島は日帰りツアーなので、
ホテルに戻る前に市場で鳥丸焼とパパイヤ購入。
巨大パパイヤまるっとチキンがブレているのですでに発熱
ところが、食べている途中から胃がキリキリと痛み出し、
そのまま高熱で1日ぶっ倒れる。
バカか。私は。

Cが薬や水やトマトを買ってきてくれたのだが、
たぶん体感でいうならば39度以上の熱が出ていたと思われる。
平熱が6度5分あるので、あの辛さと頭痛と胃痛は40度超えだったかもしれぬ。
いや、サント島ではしゃぎ過ぎたせいで熱射病だったのかな。
ともあれ遠くバヌアツの地で、1日だけ地獄を見る。

さて、翌日は解熱してスッキリ。
超短縮マッサージも素敵なエステルームで受けたし。
いとしのムール貝迫力のバヌアツビーフ
名物のバヌアツビーフはものすごい柔らかい赤身で、
めちゃうまい。ムール貝も食べたかったことだし。味付けはなんか和風。
その後、シュノーケリングもしたし、すっかり回復。
フランス風なスイーツも忘れずに。
めちゃ甘かと思ったらそうでもない

そんなわけでバヌアツを堪能し、
故・坂東眞砂子さんの家と元夫のケビンにも逢えた。
すっかりおっさんになってたがな。

ケビンは結婚していた。妻は市場に働きに出ている。
眞砂子さんの教え、人生訓をきちんと踏襲していた。
「タフになれ、強くなれ」と。

眞砂子さんは母だったんだな。

仕事はしておらず、専業主夫になっていたけれど、
長男ロビーと長女エラニーを育てておった。
眞砂子さんの家は人手に渡ってしまったが、
畑用の土地は維持していて、自給自足ライフだという。
ケビン29歳

眞砂子さんが愛したバヌアツ。
行ってみて、ものすごくよくわかった。
人と土と海がいい。
すでに中国資本がどんどこ入ってきていて、
一抹の不安もあるのだけれど。
どうやら香港直通便もできるらしい。

日本からは、ニューカレドニア経由かオーストラリア経由かな。
遠いけれど、遠いだけのことがある。こんなに美しい国は生まれて初めてだ。
死ぬまでにもう3回くらい行きたい。

というのが9月末。
さて、なんやかんやと忙しくて、
10月末はうっかりハロウィンの宴に。
つっても、まりえちゃんちにて山形の「いも煮」を食べるのがメイン。

その前に東京FMで高橋みなみさんの番組でドラマの話。
スタッフさんの差し入れが見事なイマドキのハロウィン感!
カップケーキ意外とうまい
ハロウィンってこういう感じなのよね、世の中は。若い人々は。
楽しかった生放送
その足で、いも煮会。
まりえのいも煮
これ、めちゃくちゃうまいんだけど、私の写真技術の低さが露呈。
醤油味であっさりしてるからいくらでも食べられる。
もっとクドイやつかと思ってたんだよね。

しかも、副題はシャロン・ストーンの「氷の微笑2」を観る会。
大久保ニューさん&熊田プウ助さんとお邪魔する。
姉妹姉妹2
世にも残念なハロウィンハナコに確認
ハロウィンってこういうんでよかったんだっけ?
もうどうしていいのかわからないおばちゃん、ハナコに尋ねてみるも、
どうやら違うらしい。
楽しいからいいの
まりえちゃんの首を座らせて無理やり写真撮影。ごちそうさまでした。

友達いるよ!&リア充アピール、ここにて終了。

さて、11月。
恒例の姉宅へ。農業奴隷になるツアー。
まずは大好きななかぱんで♪
フォントを観て!中村屋系なの

今回はカリーにしたアイスサンド
ここは安くて美味しくて懐かしい。そして真面目。
こういうパン屋さんが近所にほしい。
質実剛健なメニュー
君津に行かれたら、ぜひ一度。

柿がたわわしかし渋柿!l
柿がめちゃくちゃなっている。が、渋柿もあり。
ためしに食べるというか、姉からも聞いていたんだけど、
渋柿なんて食べる機会がほとんどないので、ものは試しに。
子供の頃に食べたときは死ぬかと思ったけど、
大人になるとそうでもないんだね。口の中が砂漠になる程度。ペッペッ。

ユズもたわわ石焼き芋
姉がストーブで石焼き芋を焼いてくれる。うまい。
芋は買ってきたヤツだけどね。シルクスイートと紅あずまだったかな。
ほくほくでうめえ。

コデッキ初抱っこゾロアスター
今回は大した作業がなかったな。
落ち葉集めてたき火したくらいかな。
あと恐ろしく汚かった姉の家の中を掃除したくらい。

なんかね、たき火をしていると火に魅入っちゃうね。
原始より人間は電気やガスではなく、火を使ってきたんだよなぁと。
枯れた落ち葉を必死で集めて、枝木をくべて。
姉がたき火が好きだと言っていた理由がよくわかった。

そして猫たちもほぼほぼみんな触らせてくれるようになり。
おばちゃん、とても嬉しかったわ。
もう1回くらい来たいけど、おばちゃん、忙しいのよ。
そして我が家のキク女王様が許さないのよね。
玉座

そして、もう12月だよ!
N子と夫と、久しぶりに静岡へ。
三保の松原へ行ってきたら、あれだね、
世界遺産の構成遺産となってから人が集まったせいなのか、
砂浜に砂利を盛ってたね。世界遺産の宿命。
そして、さらに砂浜部分を強化&保護するべく、クレーンで拡張中のようで。

海と富士山のコントラストが美しい三保の松原が、
今ちょっとテコ入れ中という残念な風景になっているので、納めておいた。
クレーンがどーん

でも、この拡張と補修が済んだら、
また素晴らしい世界遺産の絶景が観られるようになるはず。
クレーンを隠す夫中国人観光客の真似

2017年もあと残り少し。
もう働く気があまりしない。
飲む気しかしない。
忘年会猛烈にフィックス中。

Posted by 吉田潮 on 2017/12/04 at 18:33:14




«Prev || 1 || Next»