2015/11/24
コーヒー臭

すまん
おかげで久しぶりに床を掃除した。

Posted by 吉田潮 on 2015/11/24 at 10:44:33




2015/11/16
初空塔

友達Cがスカイツリーのご近所に引っ越したので
遊びに行く。

バカにしてたけど、やっぱりすごく高い。スカイツリー。
なんか、人間が侵してはいけない領域にまで
届いているような気もする。
屹立

Cが作ってくれたトマト鍋が酸味きいててうまし。
さらに、最近ハマっていて、オススメというバターパン。
これがめちゃくちゃうまい!

素朴にも程があるルックス。手作り感満載なんだが、
一口食べると、中にしっとりバター層が現れる。
ナニコレ!?
塩加減と脂加減と素朴加減が絶妙。
ベタぼれしちゃうわ。
くいしんぼうバンザイ

人間にたとえるなら…
外見が超素朴で、イマイチパッとしないのに
セックスしてみたら、驚くほど手練れ&テクニシャン
みたいな感じだ。たとえに品がない。でもそんな印象。

そして、ホリエモン版人生ゲーム。
悪意あるM&Aと卑しく醜い争いを繰り広げるボードゲーム。
プレイヤーの性格が非常によく表れるので、
確かめたい人を誘ってみるとよろしい。

今回は6人で1ゲーム
Cは手堅く始めたものの、唯一赤札(借入)を手に。
ただし、なんだかんだで逆転しとる。借金してんのに。

SJは大企業買いまくりでトントン進んで、ラッキーコース。
勝負の駆け引きがうまいのかも。

Yは株取引で稼ぎまくり、現金だけはたんまりもって、人材は少なめ。

うんうん、なんかよくわかる。

Sさんは人生ゲームの途中でも呑気にオジヤ作ってくれたりして、
金にまったく執着ナシ。人生のんびり。

Mは途中から銀行役をかって出るわ、大企業を虎視眈々と買収するわで、
抜け目ない人生。人の金も整理整頓してくれる。

私はすんげースロースタートで、Sさん唯一の企業をあくどく買収。
M&Aタイムに他人の企業を勧めて、姑息にプロパガンダしまくる。
底意地の悪さを発揮したわりに、4位。惨めな結果よ。

押上、久しぶりに行ったわ。
あまり行くことがない地だったが、
これからは頻繁に行こう。電磁波浴びに。

邪悪な雰囲気まで漂う
夜のツカイスリーじゃなくてスカイツリー。
おどろおどろしい印象。

ソラマチには謎の便乗土産グッズ店も多数あって、世の常を感じる。
よってたかって大手がテナント出してたら、
観光地もクソもねえな。
どこいっても同じものを食べられるなんてねー。
便利よねー。風情ないよねー。でも助かるよねー。

Posted by 吉田潮 on 2015/11/16 at 16:55:22




2015/11/06
お伊勢さん

箱根に行った最高メンバーで再びパワスポめぐり。
今回は総本山というか、これ以上にない神聖なパワスポ、
伊勢神宮へ。

つっても、まずは食い物。
行きの新幹線ですでに始まる食い道楽。
私はロゴにひかれて牛焼肉弁当と野菜の旨煮を買う。
(あら、響きが牛にひかれて善光寺、みたいね)

ニュー姉とあっこも牛系へ。
牛系を選んだ三者三様の弁当。
明らかにニュー姉の選んだ弁当が加温機能付きで
「当たり」と思われたのだが、実に底上げで中身少なし。
あっこの弁当が一番かと思うのだが、
あっこ喰うの早くて、チェックできず。

まりえちゃんはなぜかオシャレラザニアとワインを買い込む。
そのラザニアったら、1辺が10センチ、高さも10センチと
ごっついラザニアで。出発そうそう胃もたれするまりえ。笑える。

みぃはなぜかウナギの骨とヤムウンセン。
これから伊勢神宮、完全に和の世界へ入るためか、
ふたりとも非「和」のセレクト。

んでもって、とりあえず鳥羽へ。
驚くほど鳥羽は寂れていて、なんだか寂しい。
20年前に行ったときは、もうちょっと栄えていた気がするんだけど。

そして、伊勢エビだ。甲殻類ばっかり食べてるな、今年の後半は。
生きている死後

貝焼きサザエさん一家くらい多種の貝
考えてみれば、私はそんなに甲殻類と貝類に興味がない。
好きなのはケガニとカキだが、今回はいろいろと食べまくった。
寒かったので熱燗が体にしみわたる。

カツオーッ(サザエさん風に)これが海女小屋
〆に伊勢海老味噌汁とカツオ茶漬け。
海女小屋の姐さんはちょっと崩れた色気のあるロマンポルノ風で、
我々の食い意地を心地よくみたしてくれた。ありがとう。

関西の時刻表は横書きなんだよね。いつ見ても新鮮。
案外読みやすい

そしてホテルへ。
もともとは結婚式場だったと思われる造りのホテルで、
エントランスが昔の歌謡番組セットのような造花系アーチに。
大浴場もあるし、サウナもあるしで、ちょうどええ。

地ビール天ムスとかイカとか
相変わらず茶色い宴会に。
芸能界の驚愕の裏事情(下半身事情)を聞いて、
「だってにんげんだもの」と心に止めおく。

翌朝、伊勢神宮へ。
まずはおかげ横丁で食い倒れ。
1日限定のおかゆを食べたかったんだけど、朝7時ですでに完売。
赤福もどこもかしこも長蛇の列。

なので川っぺりのオシャレカフェへ。
オシャレカフェなのに便意が直腸をノックする。
つくづくオシャレ系は苦手なのだと痛感した。
朝日が気持ちいいの。でも便意が…美味しいモーニング。でも便意が…

んでおかげ横丁をそぞろ歩き。
そぞろ歩きっていうか、食い倒れ。皆思い思いに食欲を満たす。

豚串コロッケの名店で午後には行列
豚串をサクサク食べる。

生々しい。だってスシだもの店の軒先でオーダー
松坂牛握りずし。すしやの板さんが店の軒先で注文を受けて、
毎回毎回中へ入って、握りをもってくるシステム。
なんか大変だな…。ちなみにこの握りは1貫500円!!!

カキフライも串に刺されて
午前に1回、午後に1回、カキフライを喰った。
最初のお店はとにかくカキがデカくて身の質が良い。ただし揚げたてではなかった。
2軒目のは身が小さめだけど、揚げたて。小さめっていっても、
東京で食べるカキフライの極小に比べればかなりジャンボね。

赤福のぜんざいも食べた。
待つこと15分赤福味のぜんざい。当たり前だけど
なんというか赤福のまんま。それを求めたクセに、
赤福っぽくないぜんざいを心の奥で求めてしまう図々しさ。
焼きもちはおいしいよね。

おかげ横丁、ラブ。
そういえば、週刊新潮も週刊文春も、かならず赤福の広告が入っている。
カラーグラビアで2ページ。
週刊誌では赤福の悪口を絶対に書けない、という暗黙の了解。

いや、私も悪口を書くつもりはない。
赤福のこしあん好きだし、ぜんざいもおいしかったし!
(突如保身に走ってみる)
おかげ横丁の菊。犬神家…まんちょう…
珍味まんちょう、今回は食べられなかったので、ぜひ次回に。

で、おかげ横丁の猫。
こってりふっくら
うちのキクは留守番ちゃんとしてるかしら、とよぎるも、
煩悩は止まらず。許せ。

あ、忘れていたけど、伊勢神宮もちゃんと行ったよ。
入口の鳥居人だかり
無印良品のようなシンプルな伊勢神宮。好感度高いわ。
普段は真っ赤な鳥居に慣れてるし、
徳川んちは派手好きだから、妙に極彩色の装飾が多いし。

猿田彦神社と佐留女神社(芸能の神様)も行ったんだ。
こうたくさん巡ると、賽銭の割合をどうするか
いやらしいことを考えてしまう。
そんな私の汚れた心を見透かしたニュー姉に
「賽銭の額を考えてたんでしょ!」と鋭くつっこまれた。
うん。いちばん聞いてくれそうなところに大金払おうと思ってさ…。

そして、みぃオススメの美の神社とふれこみのある月讀宮へ。
美の神様と聞いたからなのか、
突然まりえちゃんが
「ここは気がいいわー」と褒め殺しを始める。
みんなこぞって月讀さんを褒めちぎる。ゲスい…。

シモの話ばかりだけど、月讀さんのトイレ、キレイだったわ。ヒノキの香りがして。

ちょうど駅伝の予選かなんかをやっていて、
生まれて初めて駅伝を生で観た。
すっごいスピードで走ってるんだなー。
そして応援団にはまだまだアイパーがいるんだなー。
妙なところに感動した。

帰りはJRの特急に乗り遅れ、
あわや新幹線に乗り遅れるかと危険な状況に。
それを打破してくれたのは、あっことみぃ。
西村京太郎サスペンスばりに、スマホでちっちき別便を探してくれた。
まるで十津川警部と亀さんのように。感謝。

帰りの新幹線で旅の総括をしているとき、
ちょっとした原稿をガラケーで打たなきゃいけなくて、
微妙にモヤモヤ。

お伊勢さん、いいね。昔はお伊勢参りを言い訳に、
みんな欲望を解消しに出かけたんだよねー。
お伊勢参りと言えば、旅先の人は優しく振る舞ってくれるっつう。
セックスしほうだい、食い物食い放題みたいな、古き良き日本に思いを馳せて。

みなさまにも幸せが訪れますように。
伊勢神宮のご神馬のお尻をどうぞ。
引き締まったヒップ

Posted by 吉田潮 on 2015/11/06 at 14:49:13




«Prev || 1 || Next»