2015/07/29
10年ぶりの屋久島

高校の同級生A田とI川、それに飲み友達のCちゃんと
屋久島へ行ってきた。

確か33歳のときに行ったから、ちょうど10年ぶりだ。

鹿児島空港で既に
鹿児島空港ですでに冷たいビールをゴキュゴキュ。

プロペラ機で屋久島へ 下に見えるのは桜島
台風が近づいていたけれど、鹿児島は快晴。
とりあえず屋久島に入ることはできた。

宿でさっそくさつまあげ
宿に着いた途端、鹿児島空港で買ったさつまあげをさっそく食べる。
宿は「水明荘」。ジブリチームが泊まったことで有名だが、
なによりもおかみさんが優しくて気配り&心遣いをしてくれたのが
嬉しかった!!

トビウオ唐揚げ とんでます刺身もりもり盛り合わせ
地元の居酒屋「やしま」へ。
大将がいい塩梅で年齢不詳。
どうやら昔、歌舞伎町にいたらしい。

首折れサバやトビウオやら鯛系の白身がこんもり大量の刺し盛り。
サバ、うめーーーーー!

アサヒガニ 紅色がすごい 寿司♪
初日からなんでこんなに豪華に食べまくっているかというと、
翌日登山する予定だった宮之浦岳がNGになり、
翌々日にモッチョム岳へ行くことになったのだ。
なので焼酎「屋久の島」ボトルで大宴会。

ラスカルマスク
ふざけてみんなでマスク。I川はタイガー、A田は歌舞伎、Cちゃんはパンダと化す。
全員に許可とってないのでとりあえず私だけ掲載。

そして爆睡。
翌日、午前中は豪雨。仕方ないので安房周辺をぷらぷら。
午後に白谷雲水峡の一部が開通したので、散策へ。
バンビサイズのヤクシカ

増水しまくりーの 歩けたのはほんのちょっと
とにかく雨。ゴアテックスのレインスーツの威力を初めて知る。
弥生杉までは行けたが、その先は行けず。イケズ。

雨が降るとこんなに登山が大変になるとは。
晴れた日にしか登山したことがないので、たかをくくっていたんだが。
モッチョム、大丈夫かなと不安に思いつつ、JRホテルの日帰り入浴へ。
ここのホテルのお風呂からは太平洋ひとりじめ、的な展望が味わえる。
最高の眺め。

今回の登山の前に膝が心配だったので、
CWニコルじゃなくて、CWXというサポータータイプのロングスパッツを購入。
膝のところがバッテンになってて、テーピングしているかのように
支えてくれるヤツだ。

これを履くと、膝に激しくバッテンの痕がつくことが判明。
裸なのに脚に模様が。どっかの部族みたいな脚に。

宿へ戻り、安房の居酒屋「ふる里」へ。
登山前日なのでビール限定にしておくも、
お母さん、ビールサーバーがうまく使えず。
カメノテ
塩ゆでしたカメノテ。なんともグロテスクだけど、この塩味がすごくうまい。
パキッと手で割って、中身をちゅうちゅう吸い出して食べる。
よくもまあこんなものを食べようと思ったな、というモノではあるが、
食べてみたら「酒の肴モンドセレクション」をあげたいくらいウマイ。

屋久島で初めて遭遇した猫
野良猫にお休みの挨拶をして、翌日に備える。

3日目。
朝までずーーーっと降り続いていた雨。
それでもとりあえず向かう。上まで行けるよう祈りつつ。
まずは朝ご飯。頼んでいたお弁当を喰らう喰らう喰らう。
米と肉は力の源

10年前もお世話になった「山岳太郎」の渡邊太郎氏にガイドを頼む。
太郎、変わってない…あれから10年…うーむ。
モッチョム入口にて太郎レクチャー

万代杉までは行けたが…
しかし。途中からザーザーの雨に。
万代杉までたどり着いたものの、頭上ではゴロピカ雷まで。
もうね、涙をのんで、勇気ある撤退。
記念写真撮って、引き返してきた。

あまりに雨がすごくて写真をほぼとれず。

しかも生まれて初めて「ヤマヒル」に吸い付かれた!
ものすごく小さくて、ホチキスの針くらいなんだけど、赤黒い。
右手の甲にへばりついてて、「あれ?」と思ったらウニョウニョ動きやがる!
ひとりパニックになって、剥がそうとするも全然取れない。
今度は左手の爪の中にまで入ってこようとしたので、
半狂乱でヤマヒルの体を切断。
ヤマヒル、コワイ……。

と思ったら、太郎も唇にヤマヒルが吸い付いたらしく。
でも、とにかく冷静な太郎。すげえ。
私だったら大騒ぎして暴れるくんなのに。

千尋(せんぴろ)の滝
ということで下山し、千尋の滝を観る。
千尋と書いてセンピロ。一尋はひとりの人間が両手を広げた長さ。
つまり、千人分の幅がある滝っつうことらしい。

濁流に脅威 ひとつになったお弁当もよし
下山して、景色のいい橋の上でお弁当を広げることに。
ほんのちょっとしか登ってないけど、腹は減る。
味噌汁作ってくれる太郎。

しかもそれだけじゃない!
太郎メイドのパウンドケーキ
なんと太郎、最近パウンドケーキ作りにハマリ、
お客さんに頂上で配るんだそうだ。
そんなことしたらお客さん、みな、太郎に惚れてまうやろー!!

ああ、モッチョムの頂上でコーヒーとともに食べたら
どんなにかうまかったことだろう。
でもね、宿で食べてもすごくおいしかった。
シフォンケーキのような柔らかさと上品な甘さ。

ごちそうさまでした。
次回宮之浦岳リベンジで必ず。

ということで、午後は海で遊ぶ&風呂ツアーに切り替える。
一湊の海水浴場
屋久島北西部の永田いなか浜へ。
ここは急に深くなる海で、泳いでいる人はあまりいない。
ウミガメの産卵地なんだよね。
浜は美しいが泳ぎたいので、一湊へ。

シンクロナイズドスイミングのつもり
海は透明度高いんだが、台風の影響で浮遊物が多い。
魚も深いところへ行かないと見つけられないようなので、
シュノーケリングは諦めて、波打ち際でシンクロポーズ。
しかし波の引きがものすごく強くて、ポーズが難しい!
びしっと決まったのがこれくらいか。

43歳、ええ、このレベルですよ。バカですよ。

浜辺で食べたシロクマ
海の家的な店にシロクマ発見したので食べる。
私の頭の中のシロクマとは若干、というか、大幅に違う気がする。
耳はリッツ、目はレーズン。
なんとなくバッタモンのように見えるのだが、味はうまい。

帰り道に買ったんだけど
帰りがてら、屋久島グリーンホテルの風呂へ。
スッキリしてから、宿へ。
帰る途中、「ツノマキ」を発見。

そういえば、前日には「かからん団子」のお店に入り、
ひとりふたつずつたいらげたのだった。
かからん団子はよもぎ団子のようなもので、
よもぎ率が通常のよもぎ餅の比ではない。
たぶん98%くらいのよもぎ率。
濃くてちょいと甘くておいしかったのだが、
「ツノマキ」は売り切れていたのだ。

別の店でツノマキを発見して、喜んで買って帰ったのだが。
なんというか、販売していたオジサンが独特の雰囲気で、
あのオジサンを一緒に味わっているような感覚に…。
もち米を葉っぱに巻いて蒸した、要はちまきなんだけど、
なぜか硫黄の香りが…。黒砂糖をかけて食べるんだそうで。
でもなんかこう、オジサンが汗だくで蒸しあげてくれたのかなとか、
いろいろな想像が勝手に働いてしまって。

ヤクシカとエゾシカの食べ比べ ヤクシカ厚切りロース
夜は焼肉「れんが家」へ。
I川が肉食いたい赤ワイン飲みたいとうるさいので、行ってみた。
が、ヤクシカ、すんごいうまい。
ヤクシカはキュートな生き物だが、増えすぎちゃうとあれなんで、
ありがたくいただかないとね。
おいしくいただきました

最終日。
ムカつくことに快晴。
それでも山の上の天気はわからない。
行きたかったモッチョム
しかしモッチョム、晴れてやがる…。
悔しいので、大川の滝へ。大川とかいて、「おおこ」と読む。
ド迫力が伝わりにくい写真

目の前でドウドウと流れ落ちる、ものすごい滝。
泳ぎたかったが、飛行機の時間に間に合わなくなってしまうので、先を急ぐ。

みんなは14時〜15時台の飛行機だったが、
私だけ17時発。
なので、空港前の「縄文の宿まんてん」で日帰り入浴。
のんびりだらだらと湯につかるも、脚の筋肉痛がとれない。
ほとんど登っていないのに、とんでもない筋肉痛。

次に行くならホント鍛えてからいかないと無理だと悟った43歳。
黒豚コロッケ
鹿児島空港で乗り継ぎが悪くて、2時間待ち。
ビール飲んで黒豚コロッケ食べて新聞読んで週刊誌読んで
マッサージチェアーに座って、歯を磨いて、やっと2時間。
トム・ハンクスが空港にひとり取り残された映画を思い出しちゃった。

今回、男ひとりだったI川は驚くほど振る舞いがガーリーだった。
ドライブはすべて運転して、女子っぽい行動で、
たぶん一番ガーリーだったことに感謝している。

山登りの先輩A田は完璧なパッキングと
テキパキしたリードで、私たち初心者は本当に助かったわ。

Cちゃんは想像以上によく食べるのが気持ちよくて、
旅を一緒にするのが楽しかった。

太郎がくれた手ぬぐい
山岳太郎ツアーガイドでもらった手ぬぐい。
豆絞りの柄がよく見ると屋久島っていう可愛さ。
いつになるかわからないけど、できるだけ早くに
もう一度行って、リベンジを果たしたい。



Posted by 吉田潮 on 2015/07/29 at 15:19:18




2015/07/22
わらわらと焦ってうっかり間違えて2回も観ちゃったMADMAX

24日までに終わらせなければいけない仕事がたんまり
あったのだが、こちょこちょと予定を入れてしまってさあ大変。

某日。
Lちゃんセレクトの珠玉のラインナップ「落語アルデンテ」@板橋。
百会、兼好、一之輔、白酒という垂涎フルコース。
私のようなど素人はまくらが好物。
時事ネタや会場近辺ネタをぶちこみ、
清涼感と毒とを楽しめるから。

一之輔の「新国立競技場」まくらに激しくうなずく。
地頭が筋肉の人が音頭をとってるんだもの、って話ね。
兼好演じる京都人がなかなかどうしてムカつく感じで、
すっごくよかった。
あれ、テレ朝の京都系ドラマにぜひ出るべき。
名取裕子と橋爪功の「最強のふたり」とかにさ。

Lちゃんと板橋行ったら恒例の「ひなた」へ。
しらすのピザとジンジャーハイボールぐびぐび。

某日。
夫が東京に来るので、TOHOシネマズへ行こうとチケットをネットでとる。
普段、ピカデリーかバルト9、テアトル、武蔵野館が多いので、
歌舞伎町までわざわざ行くのもおっくうだったわけだ。

とーこーろーがー
ネットのチケットになれておらず、日にちを間違えて予約してもうた。
きーっ!!しかも3Dだから4400円!
これをドブに捨てるのは惜しい(変更きかないんだよね、あれ)。

友達に電話しまくって観たい人にあげたい!
と思ったが、今日の今日、さすがにいない…
と思っていたらKちゃんが名乗りをあげてくれて!

Kちゃん、すでに2回観ているという。MADMAX FURYROAD。
ごめんねごめんねと言いつつも、ムリくり付き合わせて鑑賞。
シャーリーズ・セロンがかっちょいいいいい

すみません、「どうせ北斗の拳みたいな世界でしょ」
ってバカにしてたんだけど、ええ、圧倒されました。
映像はもちろんのこと、設定が緻密なうえにわかりやすい。
あれね、女の物語だったのよね。

「モンスター」で怪演したシャーリーズ・セロン、
「インセプション」でスマートだったトム・ハーディが
ますます好きになる映画だった。

核戦争後、人間が健康に生きられない世界で、
水源を支配して恐怖政治を行うクソ男・イモータン・ジョー(元軍人ってのが説得力あり)に
立ち向かう女たちと、奴隷扱いのマックス。

健康な子孫を作れないイモータンは
若くて健康で美しい女たちを囲っているのだけれど、
その女たちは「私たちはモノじゃない」と抵抗する。

幼少期にイモータンに連れ去られ、虎視眈々と復讐を誓ってきた
フュリオサ(シャーリーズ・セロン)が巨大タンク車で脱走を図る、
つう話なんだけど、もうね、1回目は口が乾燥するほど開けっ放しで
圧倒されまくり。

Kちゃんのおかげで細かいネタを後から教えてもらい、
「なーるーほーどー!もう1回観たい!」
と思ったわけだ。
間違って2回とっちゃったけど、正解だった…

日時を間違えたときは自分の馬鹿さ加減にイライラして呪ったんだけど、
結果的には超ラッキー。2回も堪能できた偶然に感謝。
そして、2回目には号泣。滂沱の涙。

某日。
夫が朝食を作ってくれる。
ふわふわのオムレツが食べたいと言ったら
卵がいっぱいあるからオムレツが食べたい、ふわふわのやつ、とオーダー。
ひとつはチーズ入り、ひとつはプレーン。
これだから料理がうまい男はいい。
夫の手土産釜揚げシラスと飯をかっこむ。

そして、夫と芝居を観に行く。
児童虐待をテーマにしたギャグあり歌あり踊りありのてんこ盛り。
劇団名が長くて覚えられないんだけど、
「熱きロマンを胸に生きる勇気と希望を与えるべく突っ走り続ける奴ら。」
略して「熱ら。」の「チャイルドボイス」

元暴走族で伝説の総長だった男が
父親の経営する保育園の保育士になってしまう。
そこで耳にしたのは、子供たちの「毒まみれ罵詈雑言」という心の声。
虐待を受けている子供たちが怪物化してしまい…
という至極まっとうで重いテーマなのだけれど、
役者が皆手練れで、緩急がついているので飽きさせない。
振付師で役者のMIKOのコメディエンヌっぷりが群を抜いて強烈!

で、特製タオル(まオレンジ色)を買うと、
その売り上げの一部が「オレンジリボン」活動へ寄付されるという試み。
オレンジリボンは児童虐待防止活動を行うもの。
その名前をまったく知らなかったわ。教えてくれてありがとう。
ピンクリボンが乳がん啓発活動ってのは知っていたけれど。

実は○○リボンってたくさんあるのね…。
グリーンリボン  臓器移植提供啓発
ホワイトリボン  妊産婦と赤ちゃんを救う とか 男性の暴力に反対する
オレンジリボン  児童虐待啓発
ブルーリボン   北朝鮮による拉致被害者救出支援
レッドリボン    エイズへの理解と支援
イエローリボン  障がい者の自立と社会参加を支援
パープルリボン 女性への暴力根絶 とか すい臓がん啓発
ティール&ホワイトリボン 子宮頸がん啓発

テレビに出てくる芸能人でも、ときどきこの意思表示をしている人がいるよね。
あれは良いことだと思う。自分の意見をきっちり表すって、テレビでなかなかできないから。

ああ、ダラダラと書いてしまった。
そろそろクーラーをつけるサインが出ている。
冷房つけてーのサイン

Posted by 吉田潮 on 2015/07/22 at 11:58:36




2015/07/13
ビーチクナイト

俳優・信川清順&ゆーへいのダンスユニット
「ビーチク」ダンスナイトVol.2 へ。
新大久保の「カラノクニ」にて。
堕天使のふたり

清順ちゃんはとにかく敏捷で、私のカメラの動体視力が追い付かず。
躍動感

伝わるかしら

キメキメで

ノリノリで

衣装チェンジ2曲目

跳ねる跳ねる

キレとコクが70%という微妙さが絶妙なダンスもいいけど、
なんつっても清順の表情の豊かさがいいんだよ。
お客さんも若い女性がたくさんいて、みんな素敵なビッチばかり!
言っておくけど、ビッチは褒め言葉よ。
ノリノリで歌うわ踊るわ変顔するわで、すっごく楽しかった。

清順・妹の利沙、祝・生誕!
飲み放題の種類は多いわ、ごはんはおいしいわで、大満足。
かぼちゃのサラダはシナモン入りで超好み。
豚セロリ、ピクルス、鶏とじゃがいも煮に豚味噌チゲ。
おいしゅうございました。
美味しかったのに料理の写真を撮るのを忘れた…。

Posted by 吉田潮 on 2015/07/13 at 10:14:13




2015/07/12
1972年に思いを寄せる

ヨーダだよー
友人Sから数か月後倒しの誕生日プレゼントをもらう。
四角い黒いヤツは炭をハニカム構造にした空気清浄装置。
はにかむんじゃなくて、ハニカム。ハチノス状態である。
丸いヤツは足専用スクラブ石鹸。
これでガシガシ洗って、
スターウォーズタオルで汗をごしごし拭く。
夏最適なプレゼントに感謝。
1972年から43回目を祝ってもらう。

某日。
東村アキコ「東京タラレバ娘」でいうところの
第2出動@赤坂でタッカンマリ。
次は第4出動にしようと。

家から赤坂まで徒歩40分以内で行けた。
今月末の屋久島宮之浦岳トレーニングのために、
久々出動のトレッキングシューズ。
足首が固定されていることの安定感。
往復歩いたが、足はまったく疲れず。

某日。
1972年、私の生まれた年の出来事。
あさま山荘事件を描いた映画「突入せよ!あさま山荘事件」を再び観る。
夫が役者だった頃の姿を見る最後の作品。
第9機動隊で篠原涼子をおんぶして救出するのが夫。
でも、本編にはほとんど映らず。

あらためていい映画だ。
国家権力というか組織の愚鈍さを如実に描いた秀作。
伊武雅刀がいちいちちっさくて、笑えるんだよ。
今をときめく手練れ役者陣がボロボロと登場していて、
ワクワクする。

私は1972年3月末に生まれる予定だったが、
あさま山荘事件が起こったおかげで、4月生まれになった。
当時、連合赤軍のアジトが地元船橋にある、というネタがあって、
新聞記者だった父はおおわらわ。
そのときに臨月だった母は
メシ作ったり茶出したりと忙しくなって、
病院にいるどころではなかったという。
そのせいで私は4月生まれになった、と後から聞かされた。
因縁。

最近、NHKスペシャルとかでも
「世間を揺るがした大事件の裏側」として
当時の警察の失態をポロリし始めている。
このポロリが重要。
ポロリの中身はたいていが「俺が!俺が!」という自己顕示欲と
「上がYESと言わないと動けない」ジレンマ。

この手の作品、他にあったら教えてください。






Posted by 吉田潮 on 2015/07/12 at 12:25:49




2015/07/07
『iroha夜の女学院vol.2ジャパンSMの金字塔』

日活ロマンポルノを上映し、
しかもirohaが先着でもらえる、女限定のイベントへ。
『iroha夜の女学院vol.2ジャパンSMの金字塔』

湯山玲子さんが詳しく時代背景から作品のテーゼまで
解説&トークしてくれる。2回目だと知らなかった!
以前ちょっとだけお会いしたことがあるので、
図々しくご挨拶。

女限定のイベントはものすごい気持ちがいい。
2次会に行ってもみーんなシモネタ爆裂。
何をおかずにヌクか、セクシュアルファンタジーを語りあったり、
日活ロマンポルノの性暴力をどうとらえるかを話したり。

バイブコレクターの桃子ちゃんと行ったんだけど、
異様に楽しすぎて、おばちゃん、興奮しちゃったわあ。

湯山さんのお友達の女優さんともご挨拶できて、
すごーく光栄。私、彼女のお芝居、結構観に行っていたのに
その話を全然できなくて、シモネタばかりで。超反省。

いつもお世話になっているiroha&TENGAの皆様にも感謝。
次回作が超絶すごいらしいので、今から楽しみにしている。

で、日活ロマンポルノ。
団鬼六先生の「夕顔夫人」。
谷ナオミの妖艶さもすごくよかったのだが、
個人的に感情移入したのは、調教師の妻(?)役の女。

フェラチオしながら、
マンコに筆を挿入して、腰を浮かせて動かして「女 女 女」
と書く。すんごい達筆で。
笑えるシーンだけれど、その文字を書く女の心根と心意気。

でも谷ナオミに浣腸した後で、ナオミのおなかを
優しく声かけしながら、ぐりぐりともみほぐす姿は
まるで産婆。母性ですがな。

さらに、
美人姉妹を折檻したり媚薬飲ませて狂わせてる横で、
どんぶり飯をもっしゃもしゃかっこむんだよ。
これぞ「生きる」ってことだよね。

湯山さんがいっていた「ズベ公の行きつく先」が言い得て妙で。
でもそこに親近感がわく。わきまくる。
私はあの立ち位置を目指したい。

Posted by 吉田潮 on 2015/07/07 at 12:11:15




«Prev || 1 | 2 || Next»