2013/09/28
今のうちに

10月からまた忙しくなりそうなので、
観られるうちに観ておこう、
行けるうちに行っておこう、と思った映画が3作。
「地獄でなぜ悪い」はまだ行けてないが、
「凶悪」と「そして父になる」は
連チャンで時間差なく観ることができた。

偶然なんだけれど、
NHKオンデマンドで向田邦子のドラマをだらだらと
観ていて、そこに登場してきた吉村実子。
確か芳村真理の妹。

子供のころに観たドラマ「父の詫び状」や「あ・うん」で
杉浦直樹とともに記憶にこびりついた女優さん。
向田作品に欠かせない人。

で、まったく知らずに
「凶悪」を観たら、認知症の母の役で出ていてびっくり。
同じ日に吉村実子に思いをよせていて、
たまたま観た映画に出てくるなんて。
ツナガル感じ。呼ばれた感じ。

池脇千鶴に1000点!
山田孝之が観たくて行ったのだけれど、
うっかり吉村実子や池脇千鶴に反応。
やっぱり女は女に反応するし共感する。
この部分は完全にフィクションなのだが、
そのフィクションがリアルで、池脇のセリフがずしんと響く。
笑えないノンフィクションと笑えないフィクション。
ピエール瀧とリリー・フランキーはタイトルまんま。
胸糞悪い、後味悪い現実に吐き気を催す。
原作も必読。

このふたりがこれまた出ているのが
「そして父になる」
子役が天然
尾野真千子が観たくて行ったのだけれど、
子供が自然体でいいなぁ。
福山雅治が余計に嫌いになるほど適役。
個人的には樹木希林と尾野真千子の
仏壇のシーンが一番好きかも。

血のつながりに対して真木よう子のセリフが秀逸。
泣きました。ええ、泣きましたよ。

2本立て続けに観たわりに、背骨曲がらず。
でも胃がもたれる感覚。重いテーマなだけに。
ってなると、おバカなエンタメが緩和薬にほしいところ。

Posted by 吉田潮 on 2013/09/28 at 11:20:26




«Prev || 1 || Next»