2013/08/21
合点がいく

先輩ライターのAさんから紹介してもらい、
干物や食養生の話で盛り上がって、
一献かわすことになったYさん。

久しぶりに二丁目「正」で
きっちりしっかり和食で腹ごしらえをして
(じゃがいものすりながし、うめえ)
Yさんの行きつけのお店Zへ。
BさんとRちゃんのカップルが営む、落ち着いたお店だ。

2時間ドラマの話、小説の話、ぽんぽんと
リズミカルに出てくるBさんとRちゃんの話術に
感嘆。夜の商売のプロフェッショナルって
やっぱりすごいなと感動した。
もちろん超ハードなシモネタもちょいちょい挟みつつ。

Yさんは昔テレビ系の仕事をしていたので、
芸能界の裏事情に詳しい。
うひゃーというようなダークな話もいっぱい聞く。
芸能界や政界のお稚児さん青田買い文化、あっぱれ。

Rちゃんのおすすめ小説「ジェノサイド」
Yさんのおすすめ「ボーン・コレクター」系の連作小説など
を忘れないよう携帯にメモっておく。

私が以前から抱いていたご近所さんへの疑問を
BさんとRちゃんがすかっと解消してくれた。
ありがとう。そうか、やっぱり玄人だったのね。あの人は。
合点がいくとはこのこと。
他にも何組かご近所さんで謎な人たちがいるんだけど、
その疑問もきっとそのうちほどけるんだろうな。

そうそう、話題は花火の夜店と秋田書店、で思い出した。

雑誌の編集をやっていたころ、
読者プレゼントのページをずっと担当していた。
秋田書店のように不正をすることはなかった。
小規模だったし、あんまり売れていない雑誌だったし。

で、毎月、はがきが100枚くらい届く中から
担当である私が選ぶ。
選ばれたいがために派手なペイントをしたり、
シールをベタベタ貼ったり、
はがきのふちまで色塗りしてくる人は
けっして選ばなかった。私が天邪鬼だから。

雑誌の感想をひとことでも載せてくれている人、
字に特徴がある人、ちょっとコメントが面白い人を
選んで、プレゼントを送っていた
(実際に送る作業は経理の人かバイトさんだったけど)。
で、当たった人のはがきは全部コピーをして
とっておいた気がする。
誌面には当選者の住まい都道府県とお名前を掲載していたっけ。

こんな零細雑誌でも読んでくれて
はがきを送ってくれる読者への感謝の気持ちもあった。
きれいごとではなく、本当にありがたかった。

タイトルを言って誰もが知っているメジャー雑誌ではなかったので、
読者の反応がいちいちうれしかったし、
あの頃の私は純粋だったわぁ…。

二日酔い&ノンストップ腸の蠕動運動によって、
1日エラー状態に。
でも、レ・ロマネスクになぜかハマる。
フランスで有名な日本人歌手ユニットね。
ズンドコ節、一度聞いてほしい。
Eテレで「お伝と伝次郎」って番組にも出ている。

Posted by 吉田潮 on 2013/08/21 at 17:07:02




«Prev || 1 || Next»