2013/08/20
旅熱

眠気を我慢できず、時差ボケ継続中。
暇なのもよくない。忙しければそれなりに忍耐力を
発揮できるはずなのに。自堕落。

しかも我が家は暑い。
うっかりしていると気温が36度とか37度になる。
猫が玄関の涼しいところにひっくり返り始めたら
エアコンをつけるようにしている。

湿度と気温からすれば熱中症必至の部屋。
塩と水が欠かせない。
おかげで天塩が予想以上に早く切れた。
粟国の塩を買い込む。

ンな状態で、
「40歳からの新・大人の愉しみ」
「2人で愉しむ新・大人の悦楽」
が、めでたく久々に増刷。

友人・北原みのりちゃんいわく、
「羽田空港の書店に平積み。おっさんたちは旅立つ前に買うらしい」
との情報も。
旅モノエロス本、いいかもしれない。
「関係性を取り戻す快楽の旅」とかね。

気分だけは旅づいちゃってるので、
なんとなく旅本を入手。
「旅の理不尽アジア悶絶篇」宮田珠己
「望遠ニッポン見聞録」ヤマザキマリ
「グアテマラの弟」「わたしのマトカ」片桐はいり

宮田珠己はふざけた文章が大好きだし、
うっかり書店で見つけると買っちゃう。

ヤマザキマリはテルマエ・ロマエから入って、
エッセイも好き。ガイジン感覚が新鮮。

片桐はいりはまだ読んでないけど、表紙デザインがかわいい。
あんべちゃんの語り口が楽しみだ。

そしてうっかり買ったのが
三島由紀夫の「不道徳教育講座」。
読んだことなかった。つうか存在を知らなかった…。
旅モノじゃないけど、熱帯夜に読むのにちょうどいいかも。

うつらうつらしているときに
旅に行った夢を見る。

姉となぜかアジアのリゾート地みたいなところへ。
日本語通訳とかついちゃってわりと豪華な旅。
マッサージのコースを選べると聞いて、適当に選ぶ。

が、部屋に案内されたら、
インド人のおじさんとかお付きの人とかがすでにスタンバイ状態。
私からマッサージを始めるというので、
とりあえずシャワーを浴びに行く。

が、浴室がなんだか汚れている。
浴槽には油の浮いた水がたまっていて、
排水溝にはなすや白菜の切れ端が。
なんつうか、中華料理作った後の浴室みたいな感じ。

それを掃除して、シャワーを浴びて、って時間がたってしまい、
部屋に戻るとインド人オッサンがぷんすか怒っている。
オッサンだけじゃなく、日本語通訳とか姉も怒っている。

ゆったりのんびりしたくてリゾート来てるのに、
汚い浴室(クックドゥ状態の)を掃除して、
しかもみんなに怒られて。ちぇっ。

って舌打ちしたときに目が覚めた。
宮田珠己「旅の理不尽」のタイトルそのまんまの夢かも。

Posted by 吉田潮 on 2013/08/20 at 15:23:21




«Prev || 1 || Next»