2013/06/29
セックス刑事

漫画家のAさん、Nさん、Pさんと飲む。
Aさんが誘ってくれたのだ。

みんな、刑事になるとしたら
どんなあだ名になるか、という話題に。

私はもう話し始めて5分ともたずに
シモネタだったので、
「セックス刑事」という名前をいただく。

Aさんは妊娠しやすいので「マタニティ」。
殉職シーンは破水とともに絶叫。
殉職というか産休に入るという設定。

Nさんは「おしゃべり」。
とにかくしゃべり続けて自供に追い込む。
Pさんは恋愛が重い傾向にあるので
「ヘヴィー」。うっかり容疑者に恋をするという役柄。

ものすごい勢いで飲み続けて、
異常に楽しかった。
刑事になるなら…ごっこ、ぜひやってみてください。
そのコミュニティにおける自分の立ち位置が
見える、かもしれません。

裏目に出るというか、間が悪いというか、
舌打ち100万回のような出来事が今週は多かった。

映画の試写を観に行ったものの、
まだ時間があったので、書店で時間をつぶしていたら、
うっかりハマりすぎて、時間ギリギリになる。
しかも、定員オーバーで試写室に入れず。とほほ。
でも買った本が面白かったから、後悔ナシ。
酒井順子「下に見る人」
柚木麻子「ランチのアッコちゃん」

パスポートの氏名変更に行こうと思って、
顔写真を撮っておいたのに、忘れる。
仕方なく現地で再度撮りなおすも、
実は氏名変更に写真が不要だったという話。
2200円も使っちまったじゃないか。

さらには氏名変更したパスポートは2015年に
使えなくなるとかなんとかかんとか。
氏名変更しないほうがよかったのだが、
もう旅行の予約を入れてしまったがための、
この時間と金の無駄!なんてこったい。

自分が子供だなと思う瞬間もあった。
タレントのマネージャー、しかもたいしたタレントでもない
マネージャ−って、割と高い確率で居丈高。
特に30代の男のマネージャーはタチが悪い。
居丈高にすることが仕事だと思っているフシもある。
たぶん、媒体によってコロコロ態度を変えるんだろう。
テレビの仕事や有名女性誌の仕事だったら、
平身低頭になるタイプ。

大物タレントだと、逆に下手に回ることを知っている
マネージャーが多い。もまれているんだなぁと感心することのほうが多い。

この手の「居丈高クソナマイキ」なマネージャーの
取扱説明書は大人なら標準装備である。
その場にいた編集者と取材対象の先生は
大人の対応でクソナマイキな男を上手に転がしていた。
嗚呼、もっと大人にならなくちゃ。

あっという間に6月が終わる。
7月でだーっと大仕事を終えれば、夏休みだ。



Posted by 吉田潮 on 2013/06/29 at 02:59:50




«Prev || 1 || Next»