2012/08/16
自然界最強は植物

某日。
姉の住んでいる田舎へ墓参り。
姉がしっかりと墓掃除してくれているため、
墓はとてもキレイだった。
花と線香を添えて、
「この墓に入れなくなりました」と報告。

姉がつくったゴーヤと豚肉の炒め物やら、
焼きナスやらをごちそうになり、
オリンピック観戦。
新体操やシンクロにおけるロシアの素晴らしさ!
美しさを競う競技は、なんというか、東欧系、元共産圏が強い。
そこはかとない美しさと極貧に耐え忍んできた強さ、
みたいなものが出るのだろうか。

翌日、一宿一飯の恩義と思って、草むしりをするも、
1時間でめまいが。顔やら鎖骨まで蚊に食われ、
頭皮から流れ出る汗に「これ以上は危険」と自主判断。
スイカをごちそうになり、バスで帰ってくる。

姉の家の中には守り神であるアシタカグモが数匹いた。
サイズは私の握りこぶし大。直径でいえば15センチくらい。
そのうちの一匹は飼い猫に追いかけられて、
うっかり私の脚の上を通過。
サカサカサカーッという軽い感触におびえる私。
それでも姉は殺さない。守り神だから。

ふと壁を見ると、巨大なゴキブリやら蛾やら。虫天国。私には地獄。
それも姉は放置。アシタカ様がそのうち食べてくれるから、とのこと。
虫と共存する姉がちょっと神々しい。

新宿の我が家は
外から聞こえてくるのは救急車やパトカーのサイレン。
けたたましい騒音にも慣れている。
姉の家はとにかく虫の音。カナカナカナとかスイッチョンとかジーとか。
その膨大な種類と音量には圧倒される。

生ごみから勝手に成長する農作物。
むしってもむしっても生えてくる雑草。
人間は実はもっとも繁殖力の弱い生物で、
植物のずうずうしさ、生命力にはかなわない。
植物の恐るべしポテンシャルに打ちのめされる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
オリンピックの
すがすがしい、爽やかな、感動感涙の世界に
食傷気味になったところで、関根勤の「カンコンキン」を観に行く。

シモネタ、というか、中2男子のようなネタてんこもり。
おっぱい、ちんこ、キンタマを連呼するラッキィ池田。
テレビでは絶対観られない関根勤・麻里の毒毒毒。
アマンダの揺れるお尻。
ずん・飯尾の控え目で滑らかな舌。
ずん・やすの復活(フジテレビで大けがしたんだけど、無事に復帰)。

腹抱えて笑いすぎて、笑い疲れた。口角が筋肉痛。
しかも千秋楽は5時間。これで7000円は安すぎる。

毎年Mちゃんがとてもいい席をとってくれるので、
今年で3回目。やっぱり千秋楽がいちばんおもしろいらしい。
お盆ですいている百人町界隈で
サムギョプサルほおばりながら、Mちゃんの恋愛事情にダメだし。

来年も楽しみだ。
毎回恒例のパンフレット「軍人魂」略してグンタマ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
夫が休みをもらえたので新宿に来た。
ボーボーに伸びた頭をバリカンでジョリジョリ刈る。
結構、楽しい。違うところの毛も剃りたい衝動に駆られる。

うちの猫・キクラゲは夫に対して、異なる声色を使う。
私に対しては「ニャー」なんだが、
夫に対してはなぜか「ぶぅー」と鳴く。
演歌のこぶし効かせた感じ?
特別な愛情を抱いているんだろうとわかるんだが、
「ぶぅー」の声はちょっと不満げに聞こえる。
夫は「おれがキクにとっては最下層の下僕だから、ぶぅーっなんだと思う」
と言う。

安心して。私にとっても最下層の下僕だから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
ご近所Sさんが鴨汁を作って持ってきてくれる。
ネギと鴨を焼いて投入したつゆにソバをつけていただく。
うまい。そのへんの蕎麦屋よりも断然うまい。
「アスリートって昔はブスばっかだったけど、今はみんなカワイイね」
と驚くSさん。激しく同意。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
久しぶりに親友Yと一献。
出産後、夜の街に出ていなかったY。
しゃっちょこばった韓国料理を食べた後、
新宿三丁目で適当な店を探す。

適度に薄暗くて、客もまばらで、
涼しくて、タバコが吸えて、店員が余計なこと言わない店。
それが理想の「適当な」バー。
たまたま入った店がまさにその手の店で、感動した。

若くてカワイイママひとりでやっているが、
余計なことを一切しゃべらず、放置しておいてくれる。
その割に、酒が空になったり、灰皿が盛り上がると、
すーっと近寄ってきて、替えてくれる。
居心地のいいバーだった。

Yとうっかり積もり積もる話をしていたら1時になってしまった。

Posted by 吉田潮 on 2012/08/16 at 11:26:54




«Prev || 1 || Next»