2012/05/03
引き続きKKプロジェクト

中身の濃い一冊
連休明けまでにやらねばならない原稿が
ぐっちゃりこんもりなんだけど、
読まずにはいられなかった、1冊。
アマゾンで予約して届いてすぐに読んでしまった。

北原みのりちゃんの渾身の裁判傍聴記。
木嶋佳苗(KK)に興味はあっても、断片情報しか
知らなかったので、本当に興味深い内容だった。
みのりちゃんの洞察力にもうんうんとうなずくこと百万回。

KKに興味のある女性はぜひ読んでほしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
「サンデー毎日」の座談会。
震災後の下半身の話で盛り上がる。
作家の岩井志麻子さんの話は
いつ聴いても腹を抱えて笑ってしまう。
どっしり構えた強いお母ちゃん的存在で、
女としてみならうべきところがたくさんある。

連休明けの号、ぜひご一読を。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
尊敬してやまないM子さんと
私が足を向けて寝られないNさんと一席。
Mさんは現在、ふたまわり以上年下の若い男を捕獲し、
日本から遠く離れた島国で
めくるめくセックスライフを送っている。

数年前彼女が言っていた言葉。
「新しい人間関係の構築をめざす」
夫婦とか恋人とかセフレとか、既存の関係性には
あてはまらない、新しい関係だと言っていた。
有言実行とはこのことよ。

M子さんと出会って、10年以上たつ。
私の間抜けな過去も知っていて、
いつも方向性を見誤るな、と諭してくれる。
日枝神社をみおろすホテルの一室で、
サシでワインを飲みながら、背すじを正す思い。
感謝。

Nさんは多忙にもかかわらず
いつも声をかけてくれる、ありがたい姐御だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
某日。
一日モデル撮影。
懇意にしてもらっているカップルを
丸一日拉致して、カメラマンと私で撮影しまくる。

クオリティの高い撮影をしてくれたSさんに感謝。
つつがなく終えたことでふたりに感謝。

社会に適応しにくい人が
きちんと働ける会社が存在する話を聞く。
才能を生かすも殺すも企業の姿勢次第。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日。
288ページの原稿。
エンジンがかかれば1日30ページ以上進むんだが、
ダメな日は悩む悩む悩む。あと4日。

うっかり5月に入っちゃって、
あれよあれよというまに時が過ぎていく。

Posted by 吉田潮 on 2012/05/03 at 10:32:03




«Prev || 1 || Next»