2012/05/18
埼京線ってホント苦手

某日。
Mちゃんとあかすりへ。
久しぶりだったせいか、
サウナで1リットルくらいの汗が出る。
Tシャツと短パンがびしょびしょ。
大学びしょびしょby天海祐希。

サウナ帰りに
ついつい寄ってしまうのがカフェ「ロッジ」。
ここでビール&ガーリックトースト&パッピンス。

気持ちがよかったし、話し込んで
うっかりすっかり時間がたってしまった。

某日。
お芝居を観に行くと、うっかりいろいろなチラシをもらって
興味深いモノがあったりすると、勢いでチケット購入したりする。

そのひとつが「海辺のカフカ」。
村上春樹はあんまり好物じゃないんだけど
(なんかフェラチオ好きってイメージが強い)、
田中裕子が出るとあって、すごく観たくなったんだろうな。

場所を調べずにチケットとったら、
彩の国さいたま芸術劇場…。遠い…。

つっても埼京線で一本なんだが、
この埼京線って私はどうも苦手。
呼び名も変わるし、乗るホームもしょっちゅう変わるし、
やたらに遅延するし、JRにあるまじき性悪な線だと思う。

番線間違えてホームを行ったり来たりして
どっと疲れた。

で、「海辺のカフカ」。
舞台がとにかくすごい。
役者もよかったんだけど、舞台技術というか演出というか、
暗転のときですらも見ごたえがあった。

まばたきできなかったのは
田中裕子と柳楽優弥のセックスシーン。
いや、もう、なんというか、斬新だった。

これって、蜷川幸雄がすごいってことなのかしら。
辛口の友人いわく、
「蜷川演出は10本のうち1本くらいしかいい作品がない、
あとはつまらん」とたたき切っていたけれど。
私は幸運なことにその1本に当たったらしい。

すっとぼけた老人を演じた木場勝己もよかった。
彼が出てくると、劇場全体に加齢臭が漂うような錯覚があった。
隣の人から出てたのかしら。

9800円は高いなと思ってたけど、
実際に観てみると、そのクオリティの高さにおののく。
決して高くない。いい観劇だった。

で、またチラシをたくさんもらう。興味深いのがある。
こうして次々とハメられていくのだろうなぁ。

柳楽優弥って繁殖力強そう

Posted by 吉田潮 on 2012/05/18 at 02:09:33




«Prev || 1 || Next»