2012/05/15
やっとのんびり

地獄の締め切りを超え、
やっと連休を乗り切り、
放心状態から活動モードへ。

しばらく行けなかった夫の元へ。
久しぶりの静岡入りである。

かねてから行きたかった日本平動物園!
シロクマが人気者らしく、
いつか行こうと思ってたんだわ。
夫の改造バイクのケツにまたがって、
いざ日本平。

入園料はたったの500円。
狭いながらも、動物との距離がとても近くて、
ズーマニアにはたまらない。

まずは人気者のシロクマがいる「猛獣館299」へ。
ええ、にくきゅう、と読みます。
このセンスがちょっと好き。

シロクマのロッシーとバニラ。
ガラス越しだが、目の前で泳いだりはしゃいだりする姿が見える。
泳ぐシロクマ

ロッシーあるいはバニラの腹

意外と動きが速くて、うまく写真とれず。
漫画「しろくまカフェ」を思い出させる

シロクマのほかにも
ゴマフアザラシが巨大な透明の管の中を行き来する姿なども見える。
もちろん分かれているんだが、シロクマとアザラシは隣合わせ。

説明ポスターには
シロクマがアザラシをどうやって襲いかかってしとめるか、
3パターンくらいの図説がしてあった。
なんか、せつないんですけど…。

ライオンは基本的に昼寝中。
トラなんかもかなり間近に見られるのがうれしい。
もっとも近かったのは、ピューマ夫婦。
あ、勝手に夫婦と思ってるんだけど、
不倫関係とか二股かもしれない。
仲よさそうに、愛撫を繰り広げるピューマ2頭。
猛獣を観ると、つい我が家の愛猫を思い出す。
ピューマ 関係性は忘れた

いちばん驚いたのはジャガーかな。
頭上にいるんだよ、金網越しに。
フンやら砂やら落ちてくるから注意、とあるんだけど、
頭の上すぐにジャガーが寝そべってる!
千葉のジャガーさんを思い出す

肉球系動物はホント癒しだわぁ♪

その後は「お触り動物園」ならぬ「ふれあい動物園」へ。
ウサギとかモルモットとかヒヨコとかに
直接お触りOK。
あとで多額のお金を要求されるような
ぼったくりキャバクラとは異なり、良心的な動物園。

安心してお触りする夫

ヤギとか羊とかポニーとか馬もいたんだけど、
ひとつ気になったのが、馬系のみなさんのヘアスタイル。
たてがみや前髪の部分をぱっつん切ってある。
飼育係の人の趣味なんだろうなぁ。
やたらにパッツンまっすぐ前髪の馬が多いので、
笑ってしまった。笑いすぎて写真撮り忘れる。残念。
でも、こういうパッツン前髪のオバサンって、いるよね。
モード系っていうか。

最後は鳥たちが自由に飛び回る網製ドーム、
熱帯鳥類館。
シンガポールにも同じような作りの館があったけど、
規模がちっさい。
でも、カモ系やオシドリ、フラミンゴなどがのびのびしていた。
名前忘れたけど、エラそうな鳥

周囲に水辺を配置して、浮島には
クモザルが生息。

小さいけれど、親近感わく造りで、ちょっと感動。

話題になったレッサ−パンダはあんまりかわいくなかった。

とはいえ、日本平動物園、かなりオススメ。
靴ずれがあっても園内1周をとりあえず我慢できるくらいの
規模。ちょうどええ。ほんと、ちょうどええby二丁拳銃。

微妙なお土産には目もくれず、
清水駅前の古き良き喫茶店でナポリタンとカレードリアを食べる。

久しぶりの夫とのデートだったが、
すっかり朝型生活の夫は午後になると、
まぶたが半分閉じてしまうことがわかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールをくれた筋トレマニアさんへ。

異常ではないですよ。むしろ正常です。
ご自分の性欲はうまく折り合いつけないとね。
金と勇気はないけれど、性欲だけはあるって、
生き物として優秀じゃないですか。
頑張って、道を探してみてください。

Posted by 吉田潮 on 2012/05/15 at 19:27:08




«Prev || 1 || Next»