2010/09/13
負傷兵の言い訳

null
ひき逃げ事故から1か月。
セクハラは毎日のように行っていたんだが、
本番がそろそろしたい。
性欲の限界ッ!(千代の富士風)

ところが、彼は言い訳三昧。
彼 「ほら、今ヤっても、精子も骨折してるしさ…」

私 「大丈夫。ダイソン以上のサイクロン方式で
   吸いこんでやるから」

彼 「ダダ漏れのくせに…」

私 「失敬な! それはユルイってことかッ!?」

彼 「…否定はしないけど…。でもさ、泳ぎきれないと
   思うんだよね。精子も負傷兵だから…」

私 「浮輪つけたるわいッ! ほれ、出せ!」

彼 「…痛い…背骨が…肋骨が…」

私 「貴様、日本男児として恥ずかしくないのかッ!
   無念にも南海に散った英霊たちが嘆き悲しむぞ!」

彼 「小説に影響されすぎ…」

私 「小説では日本男児の恥部を読んだんじゃい!
   イヤ、従軍慰安婦の恨み、今はらしたるわい!」

彼 「なんか違う…」

こうして禅問答が毎夜繰り広げられる我が家。
ヤンソギルの小説「めぐりくる春」の影響。

さらには坂東眞砂子の小説
「やっちゃれ、やっちゃれ!独立・土佐黒潮共和国」
にも影響を受けつつ。

で、今読み始めたのが今度の大河ドラマ原作
「江(ごう)姫たちの戦国」だ。

そうでもしないと、己の性欲が
あらぬ方向へ飛び散りそうじゃい。



Posted by 吉田潮 on 2010/09/13 at 10:43:26




«Prev || 1 || Next»