2010/02/26
妄想力

今日、新たなお仕事の打ち合わせで
編集者から聞いた内容は、
「とんでもない妄想癖」についてだった。

妄想力はある意味、才能で、
私のような超現実主義者からみれば
うらやましいと思う。

でも人様に迷惑をかける妄想は
正直、困ったもんだ。

以前、私に仕事をくれていた女性は
かなり妄想力が強くて、
その場で聞いていても笑えるような
とんでもない妄想だった。

「私の兄はフランス人。父の隠し子なんだけど」
「昔、全身にタトゥーを入れていて、レーザーで消したの」
「付き合っていた男が崖から飛び降りて死んだの」

いや、もしかしたら真実なのかもしれないんだけど、
どう考えても与太話。
酒の席だからネタとしては最高に面白いし、
たくましい妄想力にツッこみを入れるのも
無粋だなと思ってしまうから、
スルー。受け止める。話をあわせる。

社会生活を営んでいて、
こうした妄想力が障害にならなければいいけれど。

ニースで食べた牡蠣。
ここからあなたは何を妄想しますか?
null
トロトロ。汁だく。潮の香り。むふふ。

Posted by 吉田潮 on 2010/02/26 at 18:39:24




«Prev || 1 || Next»