2010/05/09
蛇信仰

null
蛇とか龍とかにどことなく縁があると
勝手に思っているのだが、
M子さんから教えてもらった本を購入して
もうすこし読み解いてみる。

民俗学者の吉野裕子さんが書いた
「蛇 日本の蛇信仰」である。

古来より、世界中で畏怖と嫌悪の対象でありながら
神聖な存在として神話などに登場してきたのが「蛇」。

で、蛇をなぜ崇め奉るかというと…
その根っこには
●蛇そのもの=ペニス 男根崇拝的要素
●蛇の強靭さ(毒と身軽なボディ) 生き物としての優秀な要素
があるのでは、ということらしい。

あらあら、私が巨根好きなのは
蛇も無関係ではなかったかしら。

ちなみに蛇のペニスは2本ですってよ!
足がないのにペニスが2本。
別に3P(この場合PじゃなくてSになるのかしら)
するってことではなく、どっちから絡み付いても
交尾できるように、なのだとか。

その精力の強さからも、いにしえの人は憧れの対象
にしたてあげたのでは、とのこと。

吉野さんの本によれば、
カカシも蛇の象徴(足が1本という点)だし、
鏡餅も蛇がトグロを巻いた状態であるという。

蛇が神そのものであるという考えは
全国各地の祭事でも表れているんだそうだ。
注連縄も実は蛇の交尾を象ったもの。
さらに、禊(ミソギ)とは身殺ぎ、つまり
蛇の脱皮行為からきているという説も。

吉野さん、すごい!
無理のない論理展開で、非常に説得力がある。

チンコの象徴でもあり、
マンコの象徴でもある蛇。
つまりは蛇=性であり、神聖だけれど
人間の根源でもあるっつうことだ。

学問の本は仕事以外ではほとんど読まないんだけど、
これは非常に面白かった。

で、ムラムラした私は
わが家の大蛇をヌラヌラと刺激して崇め奉り、
注連縄のように絡み合って、
神聖な行為に至ったワケである。

Posted by 吉田潮 on 2010/05/09 at 16:49:09




2010/05/04
ガールズトークはオッサンレベル

null
仕事帰りに、久々に三丁目のバーへ。
ここんとこずっと行ってなくて、
「ひとり酒」したかったので。

「Pain」では
大好きな桑田佳祐をがつんがつん
かけてくれるので、ひとり酒も美味。

が、隣にいたアラフォー女子の
JちゃんとAちゃんと意気投合。
つうか、話のきっかけは「献血」…。

献血マニアのAちゃんは
まるでシャブ中のような注射痕が腕に
あったことも。

そんな話から検診やら
ダイエットやら二世帯住宅やら
いろいろな話がエンドレスで続く。

まるで新橋でくだまくオヤジのように、
検診の話から始まったのも笑えるが。

アラフォーになると生きるのがラク。
40代になったらもっと肩の力が抜けて
楽しくなるのかと思うと、身悶えちゃうな♪

そんなこんなで時間が過ぎ、ふたりは帰っていった。

そして、常連でご近所の飲み仲間と
「ジャッカル」へ。

ジャッカルのしばちゃんは相変わらず元気。
Fさんと小賢しい小芝居をうちながら
福山雅治を歌ったりする。

堺正章は嫌いなんだよといいながら
さらば恋人を熱唱するしばちゃん74歳。
いつまでも飄々と生きていてほしい。

というわけであっという間に朝…。

Posted by 吉田潮 on 2010/05/04 at 13:18:43




2010/05/03
連休は刺激的に、穏やかに

連休初日は半日撮影。
賢くて知的なモデル(痴的でもある)さんたちのおかげで、
スムーズに遂行できた。

強烈に性欲を刺激する撮影だったので、
ムラムラもMAX。

そんな連休の始まりだが、
本日も撮影と取材がある。

あとは原稿をシコシコ書くのみ。
天気がよくて、行楽日和だが、
恨めしい感じもない。

やるべきことが満タンだし、
穏やかに連休が過ぎていくことだろう。

姉から送られてきたタケノコも
鶏もも肉と煮込んだり、
ラー油で炒めてメンマ風にして、
執筆中の手抜きメシに仕立て上げる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いとしのチンコ…彼は、といえば、
最近、土日にBARを始めた。

私が月曜日と金曜日にバイトしている
新宿二丁目の小料理屋「千代」で、
土曜と日曜限定の深夜食堂的BARだ。

しらす丼やアジ・サンマの干物、
オムライスや焼きソバなどを提供している。
もちろんカクテルなどもシャカシャカ作ってくれる。
とはいえ、ひとりでやっているので、
限界もあるけれど。

土日の深夜の新宿二丁目って、
がっつりほっこりメシを食う店が少ない。
そんなときには、ぜひご利用を。

月曜〜金曜は美人オカマ…じゃなくて
美人オカミが作る美味しい家庭料理。
土曜日曜は小腹減った人を優しく満たす
男の料理。

新宿2−7−3ヴェラハイツ新宿御苑1階
03-6380-6760
小料理「千代」
null
客がいないと、私もいびりに行く。

Posted by 吉田潮 on 2010/05/03 at 13:41:04




«Prev || 1 | 2 || Next»