2010/04/29
父親という生き物

null
以前、週刊新潮の連載が始まることを
父・まあちゃん(69歳)に伝えた。

週刊新潮だったら、まあちゃんも
知っていると単純に思ったから。

もちろん、今までの16年間で、
いろいろな雑誌と単行本をやってきたし、
本名の仕事での連載もある。

でも女性誌がメインなので、
まあちゃんが読むような内容ではなかったし、
まあちゃん自身もまったく関心がなかった。

ところが今回は
近所のローソンへ週刊新潮を買いに
走った、という。

記事の感想もメールで送ってくれた。
これから毎週買いに走るYO、
とまで書いてあった…。

この温度差は
私にとっては大いなる矛盾である。

吉田潮というペンネームにもかかわらず、
父・まあちゃんはなんだか誇らしげ。

元・新聞記者のまあちゃんが
「これは!」と認める媒体って、
新聞あるいは文春・新潮なんだろうなぁと実感。

毎週ローソンへ週刊新潮を買いに走る
まあちゃんの姿を想像すると、
なんだか複雑な思いである。




Posted by 吉田潮 on 2010/04/29 at 12:06:38




2010/04/26
土佐の旅

今回は弟分のM君とふたり旅。
なんやかんやで食べまくり、飲みまくり。

カツオも清水サバも小夏も文旦も
青さのりも皿鉢料理も満喫。

滝に住む龍神さんにもご挨拶できたし、
なによりも一宿一飯の恩義、
M子さんに感謝。

以前は鬱蒼とした森というか
山そのものだったところを
少しずつ手入れして、
ステキな庭園風に仕立て上げたM子さん。

それをお手伝いさせてもらったのが
とても爽快だった。

長さ20メートルの竹を切り、
運び、火にくべて焼く。
土木作業員と化して、汗水流して働く。

夕刻には
近所の温泉へいき、汗を流す。

そして、月明かりとろうそくの火で、
川べりを陣取り、皿鉢料理と山菜の天ぷら
とワインと日本酒と小夏リキュール。
M子さんところの居候Jさんと
馬路村のTさんと、飼い猫との宴。

飼い猫はワイルド&キュートで
そうだな、人間で言えば
土屋アンナみたいな感じか。

山の暮らし。
非日常だからこそ楽しめるわけだが、
真の贅沢というのは、
こういうところに潜んでいる。

null
カツオの塩たたき。

null
清水サバ鮨。

null
かわっぺりで宴会。

null
土屋アンナ。

null
樽の滝で修行するM君。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週水曜日発売の週刊新潮で
連載が始まります。
「TVふうーん録」
ぜひご購読を!

Posted by 吉田潮 on 2010/04/26 at 11:47:19




2010/04/20
やっとこさ一段落


null
時々忙しいフリをして、
メンドクサイ人たちを避けることも正直あるんだけど、
2月からなんやかんやで本当に忙しかった…。

今も気を抜けない(毛は抜けている…)
状況ではあるんだけれど、
煩雑な仕事がひとつずつ片付いている。

とはいえ、新たに煩雑な仕事がどどどっと
固まってきていて、
連休はちっとも遊べず。

引きこもって原稿書かなくちゃいけないんだけど、
ま、とりあえず、ようやくひといきつける状態だわさ。

で、姉からもらったジューサーミキサー。
その実力はまだ堪能しきれていないんだけど、
とにかく上質なジュースができるので
びっくり。

今まではミキサーで小松菜とかりんごとか
砕き壊してジュースにして飲んでいたんだよね。
だから繊維もタネも皮もいっしょくたになっていて、
栄養素は高かったと思う。
のどこしはヒドく粗くて、野生的なんだけどさ。

ところが、ジューサーは違う。
皮だのタネだの棹だの玉だの…あ、間違えた
皮だのタネだの繊維だのを
分離して、絞りきって
澄んだジュースができるワケさ。

のどごしもすんなりで、
あまりの上品さに物足りなさを感じるほど。

で、昭和40年代生まれとしては
このカスを捨てるのがもったいない。

おから状態になったカスを
初めのうちは捨てていたんだが、
なんか使えないかなとひねり始めた。

にんじんとシソとリンゴとレモンのカスは
味自体が悪くない。
酢とゴマ油と醤油を混ぜると
意外とイケる! 

ただそれだけじゃ飽きるので、
コロッケにも入れ込んだり、
豚肉で巻き込むことにしたら…
あらやだ、美味しいわよ、奥さんッ!

皮には農薬がたっぷりという意見もあるが、
生まれたときから農薬と合成モノにまみれている
私の胃袋は大丈夫♪
ただでさえ野菜が高いから、
髄までしゃぶりとらないとね。

連休はこのジューサーミキサーを使って
黒豆豆乳あるいは豆腐を作ろうかしら。

さて。
今週後半は高知へ!
ひと足先の春休みと思っていたんだけど、
うまいこと仕事とこじつけられて、
遊びだけじゃなくなり、
取材もしなければいけない。

龍馬伝で浮かれちょる高知、
楽しみじゃ。
ひろめ市場でわっさわっさ買い物して
飲んだくれちゃうんだろうな。

今回は若い弟分1名も同行。
同行二人…お遍路さんかいッ!

天気がよければ桂浜でボーッとしたいわ。



Posted by 吉田潮 on 2010/04/20 at 12:11:11




2010/04/10
荒淫矢の如し

今、いちばん欲しいもの。
それは時間。

今のうちにできる仕事をたくさんしておきたい
と思って、仕事引き受けまくるのはいいけれど、
そろそろ疲弊してきた。
正直、キャパ超えの感もある。

せっかくの友達の誘いも断らざるを得ず、
今、ナニよりも時間が欲しい。
いや、もちろん金も欲しいが、
カラカラと自分が干からびる感じがツライ。

セックスどころかオナニーすら
満足にできていない。
これって大問題。

5kg痩せてケツにデキモノこさえてる
場合じゃないわよ、奥さん!

せっかくいい麴をもらったのに
DBRKや甘酒を作る時間もなく、
ぬか床に投入するしかないなんて。
(でもぬか床がいい感じになった♪)

久しぶりに肉じゃがを作り、干物を焼き、
かろうじて心の安静を保つ。

これから連載やら単行本やら
大きな動きが出るので、
こうご期待〜♪
null

Posted by 吉田潮 on 2010/04/10 at 14:33:47




2010/04/07
うっかり38歳

プライベートも仕事も
いろいろなことが大きく動き出している中、
うっかりすっかりちゃっかり
38歳になった。

千代のママからはゴージャスな花束をいただき、
null
シャンパンをごちそうになる。
しかもビーダッシュというこじゃれたホモバーにて。
ごちそうさまでした♪

店の常連
TちゃんAちゃんからは
大好物の焼酎「兼八」の祝杯をいただく。
ごちそうさま♪

同じく店の常連
S−さんからはオシャレ&健康によさげな
オーガニックのダージリン紅茶をいただく。
私が食べられないのを考慮してくだすった
ナイスなプレゼント。
心して飲み干します♪

そして、Y姉さんから小粋な花のプレゼントが届く。
みんな、私がダイエット中であることを知っていて、
心憎い演出(涙)。
null
ありがとう♪

姉からも「パナソニックのジューサーミキサー」
が届いた。
こっそりネットで手配してくれていたらしい。
豆乳もつくれるスグレモノのようだ。
助かる。ありがとう。

彼からは電動歯ブラシのヘッドと
ダイエットに最適なウォーキングシューズを買ってもらった。
お高い万円の捻出、ごくろう♪

Mちゃん(あなたは今日が誕生日ね♪)、
GのOさん(お返しに痩せてみせるわ)、
悪いM君(祝だけのメッセージ、渋いです)、
麹町のA(憶えていてくれてありがとう)、
南砂のY(日にちを間違えたわね、あなた!)
メッセージをありがとう!!

38歳は思いのほか楽しい1年になりそうだ。

そうそう、忘れちゃいけねえ。
両親へ。
「酸とアルカリの戦いを経て、
ものすごい化学反応によって
この世にひり出してくれてありがとう」。




Posted by 吉田潮 on 2010/04/07 at 22:40:41




«Prev || 1 || Next»