2009/08/18
すごい体験

null
友人の得度式を見学してきた。
北九州空港からバスと電車で1時間。
求菩提(くぼて)山にある龍王院へ。

こじんまりとしたお寺だけど、
ちょっと高台にあって、
いい感じの風が吹いていた。

前夜は大雨がたたきつけていたのに
快晴に。

柳家小さん似の山田龍真住職は
先祖供養では有名な人。
霊とネゴシエートできる人で、
成仏できない霊を送ってくれるそうだ。

全身に痛みがあって病院に行っても
原因不明で埒が明かないような人、
家電製品が一気に壊れたという人、
それが成仏できない霊による
「霊障」なんだって。
(…私の頭の消えないハゲは
もしかして霊障でしょうか…)

山田住職は護摩を焚いて、
先祖供養をしてくれた。
お盆の施餓鬼供養。

すんごい熱い!
横から写真を撮っているだけで
デジカメが燃えるように熱くなる。

でも、いざ燃え盛る炎の前で
山田先生に喝を入れてもらうときは
ぼわんとした熱さが心地よくて、
「あーカラダの芯まであったまるわぁ〜」
みたいな遠赤外線感覚に。

その後、得度したMちゃんの
ご先祖探しの旅に出る。

Mちゃんの祖父の家系が眠る墓を探す。
正直言って、その地名と祖父の名前しか
わからないという。
手がかり少なすぎッ!

その祖父は養子に出てしまったので、
先祖代々の墓には入っていない。
しかも祖父の父親の名前とかもさっぱり
わからないと言う。

ところが。
その地域の寺を訪ね、祖父の苗字を頼りに
捜索を進めていったところ、
なんと祖父の弟の息子さんに
偶然出会えたのだった。

得度したおかげかしら。

しかも。私たちがいきあたりばったりで
見つけた墓地のなかで、
「まさかこの立派なお墓じゃないよねぇ」
といちばん最初に見ていたお墓が
実はドンピシャだった…。

おお!すごいぞ!
ドキュメンタリー番組のような展開に
ふたりで大興奮。

Mちゃんは無事に先祖供養できたのだった。

そんな神々しい体験(いや、仏々しい?)
をした後で、はたと考える。

ワタクシ、先祖供養をちっともしてなかったわ…。

今回の北九州行きは急遽3日前に決まった。
なんだか行きたいなと思っただけで、
深い意味はない。

でもいろいろと符合することがあって、
もしかしたらご先祖に呼ばれたのかなとも思う。
おそらく、今回の旅には意味があったんだろうなぁ。

山田住職が得度したのも真言宗。
名前が龍真だし、お寺も龍王院。

高尾山が好きなのも(修験者の寺がある)
高知の樽の滝(別名・蛇滝)が好きなのも
振り返ってみれば、
真言宗系の取材をしていたのも
(成田山で写経したり、高尾山の蛇滝で滝行経験したり…)
うちの菩提寺が真言宗で龍泉寺なのも、
偶然ではない気がする。

真言宗、天狗、修験者、龍(蛇)、
昔から中日ドラゴンズファン…
なーんて、考えたりしたわけだ。

そんなお盆を過ごして家を2泊留守にしたので、
わが家の暴れ龍ことキクラゲが怒っている。
ゲロは吐くわ、足に噛み付くわ、
オシッコをトイレから外しまくるわで、大変なことに。
長くてシマシマの尻尾が龍っぽいのよね…
なーんてすべてをこじつけようとする俺。

小さな毛むくじゃらの暴れ龍神の
機嫌をとりながら、いろいろと考えるお盆である。

Posted by 吉田潮 on 2009/08/18 at 11:49:02




«Prev || 1 || Next»