2009/11/07
斬新なエロス

null
37年、赤子を抱いたことがなくて、
いや、あったかもしれないけれど、
怖くて、おそろしくて、すぐに
他の人へパス&アウェイしていた私。

今日はとっぷり赤子を
抱く機会があった。

キクラゲと同じ重さくらいなのに、
この不安定で温かくて
依存的な生き物。

女に赤子は似合わないなと思った。

友人の夫が赤子を抱きかかえると、
妙に絵的にしっくりくる。

ああ、そうか。
男は赤子が似合う生き物なのか。

赤子=やわらかい=母性=やさしい
みたいな押し付けがましいイメージが
あるんだけれど、
それはまったくの先入観だった
と気づく。

破顔して、見たことのないような
表情と仕草を見せる男は
なんともいえない斬新なエロス。

そんな不埒なことを妄想しながら
赤子を眺めていたのは
私だけだが。

若君はすくすくと育っていて、
父も母も変わることなく
充実したオトナの生活を送っていた。

子供は基本的に嫌いだが、
なんだか心が洗われる経験をした。


Posted by 吉田潮 on 2009/11/07 at 21:54:14




«Prev || 1 || Next»