2008/11/24
オンナと月経男と大豆

null
最近、いろいろな男子と夜な夜な飲み歩いてるんだが、
みなさん私よりもキレイでかわいい
女装さんやオカマちゃんなので、
己の色気の枯渇っぷりを痛感している潮です。

先日初めてお邪魔した
三丁目の素敵なバー
「LAF BAR」は
人として理想のカップルが
オーナーでした。

男とか女とかじゃなくて
人として、生き物として
尊敬しあっているご夫妻。

うらやましいなぁ。
しかもどっちもすんげえキレイな女性なんだよ。
夫も妻も。
はっきり言って、そのへんの女子なんかよりも
格段に美しくてスタイルがよくてカワイイ。
オレ、男だったらナンパしたいくらい。

店内を鉄道模型がぐるぐる走っていて
楽しいお店で、しかもこじゃれた空間。
ちょっと飲みのリストに入れたいお店です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて。
色気がないので血の気のあるお話。
私の父親である「まあちゃん」について。

ホントに最近よく転ぶようになり、
しかもいつも血まみれに。
裂傷に擦過傷、打撲に捻挫。
骨を折らないのが不思議なくらいです。

血まみれで帰宅するまあちゃんを見て、
狭心症の母をえらく驚かせる仕組み。
そしてそれは母の手によって
メールでレポートされたり、
電話で手短かに報告されたりします。

心配なので、そろそろ3本目の足
(チンコじゃないわよっ!)となる
杖を用意してあげようかと思うのですが。
沽券とプライドを傷つけないよう、
杖を勧めるって難しいなぁ…。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ついでに近況。

この連休で、大豆の収穫に行ってきました。
君津市のJAが力を入れている
「小糸在来」という品種は
豆がふっくらやわらかくて
美味しい大豆です。

10月に枝豆の収穫に行ったのだけれど
(→2008/10/13DIARY 参照)
その残りの枝豆を畑に放置してきました。
こうすると、畑で乾燥して、
大豆として収穫できるワケです。

枝豆が大豆になるって、
みなさん知ってますわよねぇ?

枯れた残骸をもみもみ踏み踏みして
木槌で叩いたりして、豆だけをより分けます。

煮豆にする分をもらい、
あとは母が味噌をこしらえてくれます。
来年分の味噌用ですが、ちょっと少なめでした。
5キロないくらいかな。
大豆1キロ、麹1〜2キロと塩で
味噌3キロ分になるんだそうです。

アサヒ軽金属の圧力鍋が届いたら、
早速煮豆を作ります。
もちろん豆だけじゃ寂しいので
鶏肉もぶちこみます。

あーあ、早く鍋こねえかな…。

マンホールだの水道栓だのが盗まれる時代ですから、
今頃アサヒ軽金属の人が必死で
材料の金属を盗みに行ってるのかもしれません…。


Posted by 吉田潮 on 2008/11/24 at 22:16:01




«Prev || 1 || Next»