2017/09/12
産まないことは「逃げ」ですか?

目指せ増刷
読んでくれた方に感謝です。
Amazonレビューに書いてくださった方にも感謝です。

どの部分にどんな反応をするのか、
人それぞれで面白いなあと思っています。

寄せてくださった感想はコチラ。

●30代女性
もー最高にスッキリ。面白くて声出して笑ってました。
普段本を読まない私が2日で読みきりました!!
私が本を読んでいるので、夫も驚いていました。
なんというか…『いいんだよっ、それでいいんだよ』って、
優しく頭を撫でてもらったような気持ちになったり。
これからもっと人生を彩る為に何しよ?ってワクワクさせてもらったり。
いろいろな体験、いろいろな気持ちを感じられる人になりたいと思ったり。
身体がジェットコースターに乗った後みたいな、フワフワした感じです。

●30代女性
一言でいうと、今まさに心から読みたかった本(そして内容)でした…。
独身女には感じることが多すぎて、一気に読んでしまったのですが、
この先も本を開き、その度に異なる箇所を熟読する予感がしました…笑。
私は適齢期を過ぎてもどうしたいのか解らず、行動も矛盾に満ちていますが、
終わったと思っている子ども欲しい病がやはりまた来るのか…とうな垂れたり、
子どもいらないといえるほど熟考もできていないことを改めて痛感したり、
読書を通じて久々にちゃんと自分と向き合うひとときを頂きました。

●40代女性
望んでいない心境での妊娠出産。子供たちが早く自立してくれる事を望んでいます。
まぁ、世間からしたら、あまりいいお母さんではないかもしれませんが、
この本を読んでいたら、なんか開き直ってもいいかもという気分になりました。
お母さん然としなくていいのかなと、ちょっと肩の荷がおりた気分です。
ありがとうございます。

●50代女性
まさに私の通ってきた道の話なので、
すごくすごく身につまされながら面白く拝読しました。
いろいろな価値観の中で選び取ったこの道、私も悔いはないんです。
私も子供が苦手でうまく付き合えないし(私も過剰にコビ売るんだけど、好かれない笑)。
負け惜しみじゃなくていいんです。逃げかもしれなくてもいいんです。
生物的に間違っているかもですが、いいんです、と
今まで自分で封をしてきた感情が堰を切ったように流れ出ましたね。
貴重な機会をありがとうございました。


販売促進活動を鋭意続けております。
露出予定としては
●日刊ゲンダイ 著者インタビュー 9月20日売り
●an・an  BOOKインタビュー
●週刊女性PRIME インタビュー
●サイゾーウーマン インタビュー
●旭屋書店 「本TUBE」インタビュー

●下北沢B&B イベント 9月20日
●三省堂書店 イベント 

●特選小説11月号 新刊コーナーで掲載

本の宣伝とは別件ですが、露出予定
●フジテレビ 「ボクらの時代」 9月24日放送
●abemaTV 「Wの悲喜劇」 炎上CM回 9月23日放送
●フジテレビ「みんなのニュース」10月31日放送

ほかにも、いくつか原稿依頼をいただいて嬉しい限り。

狙うのは増刷です。たちまちでなくてもいいので
年内に増刷、いや、いつか増刷を目指して。

KKベストセラーズが朝日新聞に
デカイ広告をうってくれたし。
こんなの初めて♪

引き続き、頑張っていきます。

Posted by 吉田潮 on 2017/09/12 at 16:52:41




2017/08/25
本日発売!産まないことは「逃げ」ですか?

うまにげ、本日発売です。
null

読んでくれた知人(20代女性)から嬉しい感想が届いたので、
さくっと紹介しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
帰省した際に、家族が集まると、
なんとなく「この家、止まっているな」と停滞感を感じました。

家族が増えたり、構成が変化しないための停滞感だと思うのですが、
そうなると吉田さん同様、周辺に子供がいたことがない、
むしろ子供がいると媚びてしまう自分が嫌だ、
そして子供を欲しいと思ったこともほぼないのに
「親孝行も含めて、子供を持つべきなのかなぁ」
などとと考えてしまいました。

そこで、このご本の後半に何度も出てくる
「自分の親が主語なの?」「夫の主語は夫で、私の主語は私」
といった言葉を見て、ハッと、自分の思考の軸が私じゃないことに気づきました。

今後、私自身がどういった選択をするのか、今のところ全く検討もつきませんが、
他人の声は聞くけれど私の人生を判断するのは私、
その軸を誰かに明け渡しては私の幸せでも人生でも無くなると、
ご本を読んで改めて思いました。

ものすごくこういう物を読みたいと感じていたタイミングで、
出版していただきありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この本で、20代の女性に「呪い」をかけてしまっていないか、
「絶望」を与えていないか、実は不安でしたが、
杞憂に終わりました。よかった…うれしい…。ありがとう!Kさん!

そして、意外と反応があったのが「精子老化」の話。
それはぜひこちらで。コボちゃんこと小堀善友先生が教えてくれました。
null

ということで、イベントをやります。
この本にも登場する
中川淳一郎さんとサンドラ・ヘフェリンさんと、
「産まない・子供のいない人生」について話します。

下北沢本屋B&Bで、9月20日20時〜22時。
もしよかったらお越しくださいませ。

さて。
夏休みの一コマ。
朝から夫が作ってくれたオムレツと焼きそばとサラダ。
本人いわく失敗作
失敗してねえから。あいかわらずうめえよ。死ぬまでよろしく!

Posted by 吉田潮 on 2017/08/25 at 11:53:30




2017/08/09
アマゾンで予約受付中っす

無事に校了しました。
null
もうあとは本が出来上がるのを待つばかり。

今改めて思うのは
不妊治療の体験がメインではなくて、
家族との「温度と距離感」を書いた部分が多かったかなと。

サイト「ウートピ」ではダイジェスト版を
掲載してもらっているのだけれど、
かなりダイジェストです。

もうちょっと切ないヤツくれ、とか、
もうちょっとどす黒いヤツくれ、という方には
本をお勧めしたいです。

裏話のひとつ。
執筆中に、編集の山さんから
「潮さんの中の”尾野真千子”をください!」
という素敵なオーダーもいただきました。

その言葉の意味、ものすごくよくわかったというか、
さすが編集者は言葉の選び方が絶妙だと思いましたわ。

本を読んで、どこが”尾野真千子的”なのか、
オノマチックポイントを探してみてください。

また、
たくさんの友人知人恩人に協力いただいて
ためになるエピソードも、本のほうに載っています。

コメント常連さんの池西さん、ヒロコさん、マン肉さん、
北海道のおかんかんさん、ありがとう!!

が、このHPのコメント欄がちと気味の悪い攻撃を受けているので、
コメントが表示されないようになっています。
表示できなくてすみません。
でもちゃんと読んでます!ありがとうございます。

ということで、今月の予定。
フジ「みんなのニュース」やくさんコーナー、
8月11日・14日〜18日に出ます。

あとは今後
「新・フジテレビ批評」8月26日放送、
「ボクらの時代」に出る予定です。
放送日は解禁されたらお知らせします。

ということで、
8月25日発売
『産まないことは「逃げ」ですか?」
KKベストセラーズです。
よろしくお願いします。
null

Posted by 吉田潮 on 2017/08/09 at 16:30:42




2017/07/20
8月25日発売『産まないことは「逃げ」ですか?』

本が出ます。あと1か月弱!
きれいでしょ
KKベストセラーズより、8月25日発売です。
『産まないことは「逃げ」ですか?』

表紙と中面のイラストは漫画家の安彦麻理絵ちゃん、
デザインはコジママサキさんです。
おふたりのおかげで、品格UPした感じなのです。
ふふふ。内容は結構シモネタがハードなんだけどね。

不妊治療を経て、産まない人生を選択した現在、
振り返ってみるという話であり、
家族との距離感のようなことも書いています。
わりと家族の話も多いです。

子供がいる友達や独身の友達から
「ああ、私には関係ないのかなと思って…」
と言われましたが、そんなことはないです。
女に読んでほしいです。もっと言えば、男にも読んでほしいです。

随時、宣伝していき、イベントも予定!
どうぞよろしくお願いします。

Posted by 吉田潮 on 2017/07/20 at 12:42:38 コメントを見る/書く (2件)




2017/06/19
父と猫と熱海

6月某日。
父の家へ。
もうボケちゃってる感じの顔なんだけど、
まだ駄洒落は時折健在。
毛はない

歯もない
それでも生きてゆく。

某日。
姉の家へ。
草刈を手伝うためというよりは、猫らを愛でに。

デッコとコデッキ

これもコデッキだ

かごいりミッケ

あら、鼻息の荒いゴンタ、もとい、しまんちょだけ撮り忘れた。
そして、外のキイちゃん。
案外寄り目

姉の麦畑

父やら母やら姉やらに会いに行ったのは、
取材だ。今書いている単行本のネタを拾いに。

家族のことを何にも知らなかったんだなぁと思い知らされる。
たぶん、もっと知らないことがたくさんあるんだろうな。
家族って、正直、烏合の衆だよね。
夫の話もスカイプで聞いたら、これまた知らない事実が。
取材と称すると、結構みんないろいろとしゃべってくれるものだ。

某日。
K先輩の声かけのもと、
中川淳一郎さん、ケンタパイセン、サンドラ・ヘフェリン、みゆきちゃん、
テレビ局Tさん、出版社Sさん、タレントMちゃんと熱海へ。

もうね、40超えた大人が90%以上シモネタを語り合う、
非常に有意義な旅だった。
これも共謀罪とされてしまうのかしら。
手にしているのは大根
顔出しOKの中川さん、みゆきちゃん、サンドラ。

前菜か
楽しすぎて前菜しかとっていないという事実が発覚。

中川さんと共謀中
これ、眼鏡を交換してみたが、何の違和感もないという事実。
つまり、中川さんと私は近視と乱視の度合いが同じくらいなのだと。

お部屋も広くて、お風呂も24時間入れて、ごはんもおいしくて。
なのに、シモネタばかりで。酒量もハンパなく。
3時くらいまで続いたのかな、宴会は。

あ、その前に、熱海の花火を見たんだ。
熱海では頻繁に上がる花火

旅先でも皆様に取材協力いただいて。感謝っす。
頑張って本にするよ!
100本ノック、93本なんとかなったよ!
あと7本だよ!
といって、自分を鼓舞してみる。

さて。
6月は21日・22日・29日、
7月は6日、13日、14日、31日、
フジ「みんなのニュース」登板予定です。
17時半くらいかな。

あともう一個、すごい番組に出られることになったので
解禁になったらお知らせしまーす。

Posted by 吉田潮 on 2017/06/19 at 19:50:42 コメントを見る/書く (2件)




«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 176 | 177 | 178 || Next»