2017/09/12
産まないことは「逃げ」ですか?

目指せ増刷
読んでくれた方に感謝です。
Amazonレビューに書いてくださった方にも感謝です。

どの部分にどんな反応をするのか、
人それぞれで面白いなあと思っています。

寄せてくださった感想はコチラ。

●30代女性
もー最高にスッキリ。面白くて声出して笑ってました。
普段本を読まない私が2日で読みきりました!!
私が本を読んでいるので、夫も驚いていました。
なんというか…『いいんだよっ、それでいいんだよ』って、
優しく頭を撫でてもらったような気持ちになったり。
これからもっと人生を彩る為に何しよ?ってワクワクさせてもらったり。
いろいろな体験、いろいろな気持ちを感じられる人になりたいと思ったり。
身体がジェットコースターに乗った後みたいな、フワフワした感じです。

●30代女性
一言でいうと、今まさに心から読みたかった本(そして内容)でした…。
独身女には感じることが多すぎて、一気に読んでしまったのですが、
この先も本を開き、その度に異なる箇所を熟読する予感がしました…笑。
私は適齢期を過ぎてもどうしたいのか解らず、行動も矛盾に満ちていますが、
終わったと思っている子ども欲しい病がやはりまた来るのか…とうな垂れたり、
子どもいらないといえるほど熟考もできていないことを改めて痛感したり、
読書を通じて久々にちゃんと自分と向き合うひとときを頂きました。

●40代女性
望んでいない心境での妊娠出産。子供たちが早く自立してくれる事を望んでいます。
まぁ、世間からしたら、あまりいいお母さんではないかもしれませんが、
この本を読んでいたら、なんか開き直ってもいいかもという気分になりました。
お母さん然としなくていいのかなと、ちょっと肩の荷がおりた気分です。
ありがとうございます。

●50代女性
まさに私の通ってきた道の話なので、
すごくすごく身につまされながら面白く拝読しました。
いろいろな価値観の中で選び取ったこの道、私も悔いはないんです。
私も子供が苦手でうまく付き合えないし(私も過剰にコビ売るんだけど、好かれない笑)。
負け惜しみじゃなくていいんです。逃げかもしれなくてもいいんです。
生物的に間違っているかもですが、いいんです、と
今まで自分で封をしてきた感情が堰を切ったように流れ出ましたね。
貴重な機会をありがとうございました。


販売促進活動を鋭意続けております。
露出予定としては
●日刊ゲンダイ 著者インタビュー 9月20日売り
●an・an  BOOKインタビュー 10月18日号 No.2073
●週刊女性PRIME インタビュー
●サイゾーウーマン インタビュー
●旭屋書店 「本TUBE」インタビュー
●下北沢B&B イベント 9月20日
●特選小説11月号 新刊コーナーで掲載

本の宣伝とは別件ですが、露出予定
●フジテレビ 「ボクらの時代」 9月24日放送
●abemaTV 「Wの悲喜劇」 炎上CM回 9月23日放送

ほかにも、いくつか原稿依頼をいただいて嬉しい限り。

狙うのは増刷です。たちまちでなくてもいいので
年内に増刷、いや、いつか増刷を目指して。

KKベストセラーズが朝日新聞に
デカイ広告をうってくれたし。
こんなの初めて♪

引き続き、頑張っていきます。

Posted by 吉田潮 on 2017/09/12 at 16:52:41

コメント


コメントはまだありません。




コメントを書く


%3c%64%69%76%20%63%6c%61%73%73%3d%22%63%6f%6d%6d%65%6e%74%66%6f%72%6d%22%3eこのアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。%3c%2f%64%69%76%3e

« 前のページへ戻る